あい青子の「大好きだった曲」と「服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

手離し服/カーペンターズ!Carpentersは、妹のカレンさんの低音の声がきれいで、スーパースター(1971年)ア・ソング・フォー・ユー(1972年)と、ヒット曲ばかりでしたね

f:id:AIaoko:20201101124922j:image

カーペンターズCarpentersは、1970年代を代表するヒットメーカーでしたよね

 

ファンであろうがなかろうが、ラジオからは毎日、カレンさんの美声が流れていました

今は「90代の認知症のおばあちゃん」になった母が、まだ若くて美しかった頃を思い出します

 

介護の服の「制服化」でワンピースの手離し

f:id:AIaoko:20201101124950j:image

こういうラップのワンピースは流行りましたよね

流行ではなくても、この形は、着痩せするし、着ていてラクだし、どこにでも着ていけるしと、いいことづくめでした

 

本当に長い間ありがとうです

感謝して手離します

 

カーペンターズ Carpentersと妹のカレンさん

カレンさんが、摂食障害(拒食症)で亡くなられて、世界中がショックでした

あまりに若く、あまりに素晴らしい声と才能でした

 

でも、カレンさんのおかげで、摂食障害という病気が、誰にでもおこりうるものなのだと認識され、隠すことなく治療しなければならない病気なのだということも、世界中で広まっていきました

 

そしてカレンさんの美しい声の曲の数々は、今も私たちの心を温かくしてくれます

曲名を知らなくとも、聴けば思わずひきこまれる曲ばかりですよね

 

ミッシェルポルナレフとカトリーヌドヌーブで認知症予防と服の手離し - あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

1971年のヒット曲「また逢う日まで」で認知症対策/ 介護生活をシンプルにする服の手離し - あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

 

 

涙がでるような温かい曲ばかり

  • 涙の乗車券 - "Ticket to Ride"
  • 遙かなる影 - "(They Long to Be) Close to You"
  • 愛のプレリュード - "We've Only Just Begun"
  • ふたりの誓い - "For All We Know"
  • 雨の日と月曜日は - "Rainy Days and Mondays"
  • スーパースター - "Superstar"
  • ア・ソング・フォー・ユー
  • 小さな愛の願い - "It's Going to Take Some Time"
  • 愛にさよならを - "Goodbye to Love"
  • 愛は夢の中に - "I Won't Last a Day Without You" 
  • イエスタデイ・ワンス・モア - "Yesterday Once More"
  • マスカレード - "This Masquerade"
  • オンリー・イエスタデイ - "Only Yesterday"
  • ソリティアー - "Solitaire"
  • 見つめあう恋 - "There's A Kind Of Hush"
  • 青春の輝き - "I Need to Be in Love"

 

どの曲もどの曲も素晴らしくて、書ききれません

どの曲も、聴けば、あの頃が蘇ります

 

ありがとうございます

カレンさんの低音の魅力、

カレンさんの英語のクリアで美しいこと、

たぶんあの時代に日本で小中高生だったひとなら、みな魅了されたのではないでしょうか

こんな風に英語を話してみたいなと憧れませんでしたか?

発音の真似をしてみませんでしたか?

 

カーペンターズとカレンさんには、ロックだとかポップスだとか音楽だとかに留まらない、なにか素晴らしいものをもらったのだと感謝しています

 

カーペンターズはお好きでしたか?

カレンさんの声に魅了されましたか?

どの曲がお気に入りでしたか?

 

 

今日もいい一日をお過ごしくださいね