あい青子の「大好きだった曲」と「服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

赤のクリスマス・イブ / 思い出のクリスマス・ソングたち

f:id:AIaoko:20201215135235j:image

あっという間にクリスマスイブですね

認知症になっても、ハッ♪としそうな「思い出のクリスマス・ソング」を

いろいろ思い出してみました

 

まだまだ忘れている曲がありそうですが、

あなたの「懐かしい曲」は入っていますか?

 

曲名だけだと思い出せないけれど、聴くと「あ!」と思いますよね

 

クリスマスカラーは緑と赤ですね

f:id:AIaoko:20201218124917j:imagef:id:AIaoko:20201218124938j:image

同じようなコーディネートでも、

赤と緑では、まったくイメージが変わりますね

どちらの色も大好きです♪

 

大人になってからのクリスマスソング

「Last Christmas」ワム!

「All I Want For Christmas Is You」マライア・キャリー 映画「ラブ・アクチュアリー」♪

「クリスマスイブ」山下達郎 

「恋人がサンタクロース♪」松任谷由実

 

私が子供のころのクリスマスソング

「Silent Night(きよしこの夜)」聖歌

「White Christmas」ビング・クロスビー 

「Jingle Bells」フランク・シナトラ

 

「Santa Claus Is Comin’ To Town(サンタが街にやってくる)」 

「Joy to the World(諸人こぞりて)」

「Winter Wonderland」

「Sleigh Ride」

https://www.youtube.com/watch?v=zH9LK7KEZt8

「The First Noël」

https://www.youtube.com/watch?v=kGD0_Xuq1IE

「Jingle Bell Rock」

https://www.youtube.com/watch?v=Z0ajuTaHBtM

 

子供たちとの思い出のクリスマスソング

「12 Days of Christmas」小さなとき

「We Wish You a Merry Christmas」小さなとき

「Deck the Halls」ふぁららららーらラララ♪

「The Little Drummer Boy」子供の幼稚園 ラパパンぱん♪

「Feliz Navidad」ホセ・フェリシアーノ 子供の小学校フェリスナヴィダー♪

「Santa Baby」子供の中学校

 

 クリスマスイブの思い出

クリスマス・イブが我が家にとって、とても大切な日になったのは、大昔のクリスマスの日からでした

 

2メートル以上もあるクリスマスツリーを買いました

アメリカに住んでいたので、今は経営破綻に追い込まれてしまったシアーズで買ったのかと思います

 

アメリカでは、生の木をクリスマスツリーとして飾る家も多く、

私が買ったようなビニールやプラスティックの葉のものは、2メートルを超える巨大なものでも、5000円もしなかったように記憶しています

 

そんな我が家の大きなクリスマスツリーに、飾りつけをしてくれるのは、父と母でした

そう、現在の、我が家の90代のじいちゃんと、認知症のばあちゃんです

 

子どもたちが小さかった頃は、もぎ取っても壊しても口に入れても大丈夫なように、ぬいぐるみをオーナメントがわりにしていました

怪我をしては大変ですからね

 

子どもたちの成長とともに、アメリカで、ヨーロッパで、住んでいる地域で買ったオーナメントが、少しずつふえていきました

子どものデイケアの先生からのプレゼントの、手作りのオーナメントもあります

子どもの名前と、その西暦が書かれている特別な思い出のオーナメントです

 

クリスマスとお正月には、両親たちが、孫に会いに日本から来てくれることも多くて、

クリスマスツリーを組み立てること、飾りつけることは、ずっと、じいちゃん、ばあちゃんの係でした

 

日本が貧しい時代、そして戦争の時代に、子ども時代、青春時代を過ごした2人は、

それはそれは、クリスマスツリーの飾りつけを、嬉々として手伝ってくれました

 

我が家を助けてくれる存在だった2人が、いつのまにか歳をとり、自分たちだけでは生活ができなくなり、私のところにやってきました

 

そこから、最後に、クリスマスツリーの飾りつけをしてくれたのは、2017年、3年前のクリスマスのことでした

弱くなった体なので、2人とも椅子に座りながら、ツリーの枝をきれいに一本一本広げる係や、懐かしいオーナメントをつける係をしてくれました

 

あれから3年

いろいろありました

度重なる骨折や病気での入院や手術や退院

弱ってしまった体のリハビリ

 

それでも、2人は弱音をはかずに、なんとまた、自分で歩ける、寝たきりではないひとに復帰してくれました

 

クリスマスツリーの飾りつけはできなくなってしまったけれど、

イブの思い出は、たっぷりと残りました

 

昨年は、ついに、アメリカで買ったアンティークのようなツリーが壊れてしまい、涙のお別れをしました

シアーズか、ターゲットか、もしくは、これも破産してしまったトイザらスで買った「思い出のクリスマスツリー」は、もう家にはありません

 

それでも、じいちゃん、ばあちゃん、バアちゃん(夫の母です♪)、夫、私、子どもたち、みんなの記憶に刻まれた、みんなのクリスマスツリーと、クリスマスイブの数々の思い出

 

あたたかくて、涙のでる、思い出です

 

最後にジョン(・レノン)のクリスマスの曲です

Happy Xmas (War Is Over) - YouTube

 

 

 

「心あたたかなクリスマス・イブ」になりますように

 

今日もいい一日をお過ごしくださいね