あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

つば帽子/映画版「ジーザス・クライスト・スーパースター」1973年 Jesus Christ Superstar ミュージカルはお好きですか?アンドルー・ロイド・ウェバーです

f:id:AIaoko:20201122130045j:plain

ロックがからむ映画には、大好きなものが多いです

特に、

  • フイルムコンサートで観たビートルズの「レット・イット・ビー」
  • ジョージ・ハリスンのチャリティーコンサートの映画「バングラデシュ・コンサート」
  • そして、大ヒットミュージカルの映画版「ジーザス・クライスト・スーパースター」

この3つの作品が、感受性が豊かだった小中学生の時期に、私に与えた影響は、計り知れません

 

まずは帽子の手離しから

f:id:AIaoko:20201128151314j:image

帽子、好きなんです

似合うかどうかは、おいておくとして^_^

好きなんです

 

でもね、ニット帽、ベレー帽、野球帽といったキャップ系は、なんというか、馴染みもいいし、カジュアルにこなれているので、介護の日々にもピッタリなんですが、

ハット系が、やはり、お洒落偏差値が高いじゃないですか

我が家の認知症のばあちゃんの散歩のお供に、つばの広いハットは、

 

いや、難しいよ^_^

 

というわけで、

難易度の高い、コーディネートを考える必要のあるハット系は、手放すことにしました^_^

 

楽しい時間を、今までありがとう!と声をかけて、さよならしたいと思います

 

気が狂いそうなほど夢中になった「ジーザスクライストスーパー」のなかの曲

このミュージカルを観に、映画館に中学の友達と出かけました

衝撃でした

帰宅して、頭の中で鳴り続ける曲の数々をエレクーンで弾きまくりました

 

我慢ができませんでした

どうしてもまた観たい、聴きたい

 

お金がないのに、また映画館に行きました

ひとりで行きました

今と違って、昔の映画館は「入れ替え制」ではなかったので、一日中、暗闇で夢中になって観ていました

 

サントラ盤もDVDもYouTubeもある世の中

嘘のようです

夢のようです

夢中になったものが、すぐに手に入る状態でそこにあるなんて

 

映画館に入り浸る必要のない時代がくるなんて

 

昔の映画館って、そこはかとなく汚くて、トイレの匂い?もしたんですよね

若い人には想像もつかない世界でしょうね

中学生の女の子が、ひとりでいるのは、少しだけ怖かったです

 

どの曲もどの曲も好きです

イエス・キリスト役のテッド・ニーリー(Ted Neeley)の歌が全ていい!

 

マグダラのマリア役のイヴォンヌ・エリマン (Yvonne Elliman)が、またいい

日系アメリカンだったんですね

エリッククラプトンのビデオでも見かけますよね

 

ユダ役の カール・アンダーソン (Carl Anderson)の曲が、またいい

 

カヤパ(カイアファ)役の ボブ・ビンガム (Bob Bingham)と、ピラト総督役のバリー・デネン(Barry Dennen)の歌が最高に好きでした

コスチュームもカッコよかったですよね

黒の帽子姿が、好きでした

 

 要するに全部いい!

書いているうちに、また、観たくて聴きたくてたまらなくなりました

のちに、ずっとのちに、アメリカでミュージカルの洗礼をうけ、

この映画の音楽を作ったアンドルー・ロイド・ウェバーのミュージカルも、たくさん観ました

 

日本にいた時には、タモリと同じで、突然歌いだすって、ミュージカルって何???みたいな気持ちもあったのですが、

そこはそれ、

小学校低学年のときの映画の洗礼も「シェルブールの雨傘」つまりミュージカルでしたし、

今回お話ししている「ジーザスクライストスーパースター」もミュージカルなんですよね

 

なあんだ、もともとミュージカルも好きだったんだね?と、あとづけで知る不思議です

 

介護のヒント

もちろん、映画すべてを通しで観られたらハッピーだとは思うのですが、

我が家の認知症のばあちゃんの、介護の経験からいって、

認知症になってから、長いテレビや映画は、もうついていけないようです

 

ありがたいことに、ジーザスクライストスーパースターは、一曲一曲のクオリティがとても高いので、

小出しに観せて聴かせてもらっても、全く問題なし!というつわものです

 

というわけで、

我が家の子供たちには、私が認知症になった場合は、

その時どきの「介護者さん」に、「ジーザスクライストスーパースター」の動画を見せると、機嫌もよくなるし、介護がラクになりますよ♪と

ぜひぜひ、伝えてほしいです

 

私が、ビートルズ、ストーンズ、イエス、ハードロックの数々を大好きだということは、知っていても、

「ジーザスクライストスーパースター」から始まる「ミュージカル」も、すごく効果がありそうだね♪というのは、経験をともにした夫しか知りません

 

いや、伝えておくことは、大切なり!!!

 

ありがとうございます 

我が家の認知症のばあちゃんとお散歩していたら、ご近所の方と久しぶりにお会いしました

なんということか、このコロナの中で、お父様が入院されたまま、会うことのできないまま、お亡くなりになったと、

男泣きされていました

息子さんがひとりで、お父様を自宅で介護されていたのです

我が家よりも、介護の先輩さんでいらして、いろいろなことを、いつもおしえてくださっていました

 

さみしいです

と、最後にひとことおっしゃいました

 

コロナは、世界をあっという間に変えてしまいました

 

 

 

「ジーザス・クライスト・スーパースター」の映画はご覧になりましたか?

ミュージカル版は、いかがですか?

「大好きだった音楽」を思い出しますか?

 

 

今日も、いい一日をお過ごしくださいね