あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

和訳 Message In A Bottle (孤独のメッセージ) ポリスを 歌詞の意味つきで聴くアルバム『Reggatta de Blanc (白いレガッタ)』 (1979年)スティング「マイ・ソングス」

f:id:AIaoko:20230203072723j:image

Message In A Bottle スティング「マイ・ソングス」より

youtu.be

歌詞の意味・和訳をつけたポリスのオリジナル「孤独のメッセージ」

The Police - Message In A Bottle - YouTube

この曲は歌詞が分からないと、ほとんど意味をもたないほどの「歌詞がいい名曲」ですよね

まさに「メッセージが入ったガラス瓶」がスティングから流されてきて、

無数の私たちが共感のボトルを送り返しているかのようです

和訳、感謝

ありがとうございます

生きることが難しい世の中に変わってきて、

信じられないような戦争や事件もたくさん起こっています

「幸せそうな」人ばかりが目について、怒りがこみ上げるのも理解できます

でも、「幸せそうな」ひとにもさまざまな悩みや苦しみがあり、

それとともに笑顔で進んでいるのだということに気がついてほしい

スティングの「誰か助けて」という孤独なメッセージ入りのガラスの瓶は、

なかなか誰にも届かないようでいて、

年月の末に、無数の「私のことも助けて」という共感のボトルが押し寄せてくる

ひとと人の関係って、そういうあたたかいものだと信じています

「助けて」と言ってみるところからしか始まらない

心があたたかそうなひとを選んで、声に出してみる

そこからしか、人とひととは、つながれないと思います

わざわざ嫌な感じの人、怖い人のところに行くのは、飛んで火に入る夏の虫ですよね

世の中にはこわい人もいるけれど、あたたかい人もいる

だから、信じてメッセージ入りのボトルを「声にだして」送ることだと願っています

若い人もお年寄りも、困ったり苦しかったり哀しかったりするのは皆おなじ

助けてね

いいよ

私のことも助けてね

だいじょうぶだよ

戦火の子供たちの目の光

貧困の地域の子供たちの笑顔

そういうチカラが自分たちにもあるのだと思い出して

笑顔であたたかい人間関係の未来へと進んでいきたい、進んでほしいと、

心から願っています

ひとはみな孤独

けれど、

ひとはみな、つながれるんですよね

世界を変えることは出来なくても、

まわりの「小さな世界」はあたたかいものに変えられるはず

自分の気持ちひとつですよね

今日もいい一日をお過ごしくださいね