あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれるアレコレのヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

丈を足すプリーツ/ ヴァン・ヘイレン2007年「ロックの殿堂」入り (エディ死去)

f:id:AIaoko:20201005224128j:image

今回のヴァン・ヘイレンの「ロックの殿堂入り」の話、

実は、時間のある時に、ずっと前に書いていたのです

 

ところが、水曜日の朝、1番に読んだニュースが、「エディ(ヴァン・ヘイレン)死去」という信じがたいものでした

 

まだ若かったです

エディに代わる人など、どこにも存在しないと思います

息子さんが、公私ともに、お父さんエディと過ごしていましたから、

「大好きだよ、父ちゃん!」というメッセージを出しましたよね

エディのファン、あのニコニコヘラヘラ顔のエディが大好きだったファンに、

そうだよね、エディのこと、みんなみんな好きだったよねと、思い出させてくれました

 

歳をとるとともに、え?あの人が亡くなったの?!というニュースばかり、気がつくようになりました

寂しいです

 

次は自分かもしれないからこそ、ちゃんと生きなくちゃ!と思います

 

まずはファッションから

f:id:AIaoko:20201005224153j:image

私の介護の毎日をラクで楽しいものにしてくれている「制服」は、

年間通して、黒のワンピースです

 

この夏は暑すぎて、本来なら差し色にするカラフルな色をワンピースとしてしまいました

重ね着できないほど暑かったからです

 

でも、「制服」の基本は黒のワンピースです

真っ黒だと縁起が悪いので、差し色します

今回の、今までありがとう!と手離すワンピースも、丈が短いので、マキシのスカートを差し色として重ねて着ていました

今回は、黄色の差し色です

 

大好きだったヴァン・ヘイレン

動くスターの姿は、以前お話ししたNHKの番組「ヤングミュージックショー 」くらいでしか、日本では見られなかった時代がありました

雑誌の写真と、レコードのジャケットの写真だけで満足するしかなかったですよね

 

www.aiaoko.com

そこへやってきた

ベストヒットUSAと

 

www.aiaoko.com

 

 

www.aiaoko.com

 エディが亡くなったことが、まだぴんときませんが、

そのエディ・ヴァンヘイレンを夢中で観ていたのが、MTVでした

 

www.aiaoko.com

 

 

www.aiaoko.com

 

あまりの嬉しさに「テレビっ子」になってしまいました

 

そのころ夢中だったグループの1つが、ヴァン・ヘイレンでした

 

デイヴィッド・リー・ロスのセクシーで、おちゃらけたキャラも最強でしたが、

エディ(ヴァン・ヘイレン)の笑顔で弾きまくる超絶技巧!には、みんな、やられちゃいましたよね

 

エディは、本当にあっけらかんととしていて、ロックを楽しんでいる感じが素敵でした

 

ビートイットの件も、

子どもにもウケるジャンプの件も、

全てが、ステキでした

 

 

ありがとうエディ

エディのおかげで、人生がとても楽しいものになったよ

 

世界中の人たちが、そう思っているとおもいます

 

ありがとうございます

我が家のじいちゃんも、認知症のばあちゃんも、夫の母のバアちゃんも、とうに90歳を超えています

ご近所には、大正生まれの方も何人かいらっしゃいますが、普通に歩いて外出なさっています

 

なんだか、自分たちも、元気でそれくらい長生きできるんじゃないかと錯覚してしまうんですよね

 

でも、今のお年寄りのみなさんは、あの戦中戦後を生き抜いていらっしゃった健康エリートさんです

身体が弱かった兄弟姉妹を早くに亡くしています

 

毎日を大切に生きなくては、と、思います

 

エディが亡くなったのを知った日から

有名な方も、普通の方も、みんなみんな、エディが大好きだったのがわかりました

今も、エディの「あの笑顔」しか浮かびません

こんなに素敵な思い出を残してくれたエディ・ヴァン・ヘイレンに感謝です

ありがとう!エディ!

 

エディはお好きでしたか?

ロックはお好きですか?

どんな音楽を聴いてましたか?

 

今日もいい一日をお過ごしくださいね