あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

【ミニマリスト?】ごく普通?ファッションおたく?

f:id:AIaoko:20220528075143j:image

「ファッション」のシリーズものの目的は、

「いろいろある人生、服くらい、自分の好きなものを着て、幸せを感じようよ♪」でした

いや、そうは言っても、

「好きなものを着ても、似合わなくて哀しい。。。」

という、究極の悩みを解消すべく、

「好きなもの」の中から「似合うもの」を選ぶ方法、

すなわち、

自分に似合う「基本色、ベースカラー」を知る

というところを、長々と語らせてもらいました

そこから、何が起こるか?!の話が今回です

ミニマリストさん

手持ちの衣類もとても少ないです

その少ない枚数でTPOも含めて、こなします

まさに、基本色、ベースカラーの方が多いですよね

だからこそ、

グレー

ベージュ

茶系

ネイビー

といった基本の色の中で、

  • どの色は自分に似合い
  • どの色は自分に似合わない

のか、知っておくことは、とても重要だと思います

少ない枚数での着回しですから、

そこに「似合わない色」が入っているのは、(幸せな気持ちで過ごすためには)致命的だと、大袈裟ですが思っています

私の場合は、私にとっての「似合わない色」である白とベージュはワードローブに入れません

(確実に老けますから)

^_^

ごく普通の方

ごく普通と言えども、

それでも、枚数はお持ちですよね

四季を通して、頭の先から、足の先まで、結構な数の衣類がありませんか?

手持ちのものは、みんな「活躍」されているでしょうか?

いやいや、

私の例で言うと、

好きだから買ったのに、似合わないから着ることがなくなった服が沢山ありました

哀しいけれど、レッスンです。。。

感謝して手放しました

そして、

  • 自分が好きで
  • 自分に似合う

そんな服だけを残す、いわゆる「断捨離」を進めました

クローゼットが、きれいです

  • 好きな色で似合う色
  • 好きな形で似合う形
  • 好きな素材で似合う素材(家でお洗濯できる!)

この3つの条件を満たす手持ちの服って、

たぶん「とてもとても少ない」と思います

そして、

この3つの条件さえ満たしていれば、

たとえ、着たきり雀であっても、

なんだか幸せな気持ち、なんですよね

^_^

「あら、いつも同じ服ね!」とヒトに思われたとしても、

痛くも痒くもないんですよ

だって、好きで似合う服なんですから♪

そんな、見るだけで「嬉しい、楽しい」クローゼットになると幸せですよね

新しい服を買うことが嬉しいのではなく、

目の前に、着て幸せな気持ちになる服があることが嬉しい

「数は関係ないなあ」と、

しみじみ思います

ファッションおたくさん

とはいえ、

毎年の流行は楽しい♪という方々も多いはず

その場合でも、

  • 好きな服
  • 似合う服
  • 手入れができる素材

この3点は、はずせないですよね

いくら流行でも、なにも「嫌いな服」にチャレンジする必要などないし、

いくら流行でも「似合わない服」を、わざわざ着る必要もない

さらに、自宅で簡単にお洗濯できないものや、常にビシッとアイロンかけが必要なものは、結局のところ、着ない服になりがちです

ことに、これからの夏場は、お洗濯!ですよね

そう考えると、毎年「3つの条件」を叶える服にめぐりあうのって、本当に数が少ないです

あったら、もうけもの、のスタンスですね

^_^

ありがとうございます

ミニマリストさんも

ごく普通さんも

ファッションおたくさんも、

みんな、

自分に似合って、しかも大好きな服を着たいですよね

好き!は簡単

似合う!は、ちょっと難しい

その「自分に似合う」と出会うキッカケがあるといいですね♪

 

ずっと遺品整理をしている実家の母の物ですが、

オシャレでも、こだわりの人でもなかったのに、

それは沢山の服や小物がでてきました

生きてきた年月、ですよね

さて、みなさまは

ミニマリストさんですか?

ごく普通さんですか?

ファッションおたくさんですか?

^_^

今日もいい1日をお過ごしくださいね