あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

【 #innerlight2020 】ビートルズの曲「ジ・インナー・ライト」とジョージ・ハリスンのアルバム【不思議の壁】(Wonderwall Music)とチャリティーの意味

f:id:AIaoko:20210510171009j:image

昨年の3月に

コロナの世の中が始まって、毎日の生活が激変し、苦しくてたまらなくて

このブログを始めました

 

「どんな時でも幸せは感じることができるよ」

という、自分自身と家族への励ましが目的でした

 

ステイホームだからこそ

「一番大切な人たちと、もっと話してみよう」という

「相手の話を、ちゃんと聞いてみよう」という

そんな想いから始まりました

 

こちらが最初の記事です

https://www.aiaoko.com/entry/hajimemasite

 

ジョージ・ハリスンのソロアルバム「不思議の壁」(Wonderwall Music)についての去年の記事

それから2ヶ月後の記事です

WONDERWALL MUSIC(不思議の壁) ジョージ・ハリスン George Harrison&薄手セーターで楽しくゆるいミニマリスト? - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

ジョージの「ソロアルバム」について書いています

今も家にあるアルバムですが、すっかり忘れていたものでした

 

ジョージが中心になって行ったロック界初のチャリティーコンサート「バングラデシュコンサート」は、

ビートルズの解散後の活動でしたが

 

このアルバム「不思議の壁」は、ビートルズ活動中のソロアルバムです

ビートルズのメンバー初のソロ活動だそうです

 

1年たって「ジ・インナー・ライト The Inner Light 」

この1年間のステイホームは

認知症の母と、90代の父と、夫と、子供たちと一緒の

ぎっちり人が詰まった「ステイホーム」でした

^^

 

いろいろな「昔大好きだった曲」を聴き続けてきましたが

アルバム「不思議の壁」の曲は、正直、思い出せませんでした

悔しいなあ

今も家にあるアルバムなのになあ

 

小学生?中学1年生?には

インド音楽は早すぎたのかもしれませんね

「バングラデシュコンサート」のほうは

中学1年で夢中になりました

映画館で観て、アルバムも買いました

チャリティーという形の「音楽のチカラ」も知りました

私の人生を変えたものの1つです

 

私の持っている古いほうの「不思議の壁」には入っていませんが

2014年に「不思議の壁」が再発売された時に

ビートルズのシングル「レディマドンナ」のB面だったこの曲が

ボーナストラックとして追加されたという話を読んだので貼ってみました

「ジ・インナー・ライト」(The Inner Light)です

https://m.youtube.com/watch?v=sa3948JzWCc

 

不思議なご縁のインナーライトの「歌詞」と「チャリティー(マテリアルワールド基金)」

YouTubeのビートルズの公式でのこの曲↑を聴いていてビックリ

 

説明は英文ですが、

ジョージの奥さんのオリビア・ハリスンがチャリティを呼びかけていることが書かれています

#innerlight2020

「家を出なくても、窓の外を見なくても、幸せを感じることはできる」というこの曲の歌詞におけるジョージの(大昔からの)メッセージが

 

コロナ禍でのステイホーム、自宅を出ることが困難な今現在の状況に当てはまるということで、

故ジョージ・ハリスンのこの曲の歌詞、ジョージのメッセージの拡散を呼びかけています

 

Wikipediaのこちらをご覧ください

2020年にマテリアル・ワールド財団(英語版)は、新型コロナウイルス救済活動として、「#innerlight2020」というハッシュタグを付けてSNS上で共有されるごとに1ドルを寄付する「The Inner Lightチャレンジ」を呼びかけた。

ジョージ本人のバングラデシュ救済のチャリティーコンサートとレコード

 

そして、コロナ禍の今、ジョージの奥さんが呼びかける

ジョージが立ち上げたマテリアルワールド財団からの寄付活動

 

忘れていたジョージのレコードが

とんでもない「ご縁」を運んできてくれました

ハッシュタグをSNSにはりつけるだけだそうです

 

The Material World Foundation, created by George Harrison in 1973, is today donating $500,000 to the MusiCares COVID-19 Relief Fund, Save the Children, and Medecins Sans Frontieres (Doctors Without Borders) charities, which are providing much needed aid and care during this COVID-19 pandemic. http://materialworldfoundation.com WITHOUT GOING OUT OF MY DOOR, I CAN KNOW ALL THINGS OF EARTH. WITHOUT LOOKING OUT OF MY WINDOW, I COULD KNOW THE WAYS OF HEAVEN. Olivia Harrison said, "These lyrics sung by George are a positive reminder to all of us who are isolating, quarantined or respecting the request to stay in our homes. Let’s get and stay connected at this difficult time. There are things we can do to help and we invite you to share your Inner Light." The Inner Light Challenge: Material World Foundation will donate another $1 (up to $100,000) for every one of you who shares their own "Inner Light" moment on social media using the hashtag #innerlight2020 This can be a verse, a chorus, or a line from the song, sing it, play it, hum it, strum it, paint it, knit it, chant it, plant it, pray or meditate and post it to social media. For more information: http://materialworldfoundation.com Remember to hashtag #innerlight2020

 いつも、幸せは身近なところにありますよね?

コロナであろうとなかろうと、

お出かけしなくても、きらきらな生活などしなくても

いま、ここに、幸せって、

ありますよね

^^

 

ありがとうございます

昨年の今頃

「コロナの中でも幸せな気持ちであり続けたい」と

認知症の母と90代の父と障がいもある子供との生活のなかで

止むに止まれぬ思いで始めたブログです

 

ちょうどその頃に

このチャリティーが始まっていたことを、今になって知りました

 

ご興味のある方はコチラも是非ご覧くださいね

日本語って、有難いです。感謝。

ジョージ・ハリスンの財団がコロナウイルス関連団体に約5400万円を寄付 (udiscovermusic.jp)

 

さて、

我が家の認知症のばあちゃん

ほとんど食事をとってくれないので、糖尿などの病気はないのをいいことにチョコレートを、隙をみては口に入れてみています

 

チョコは拒絶しません

^_^

口の中が甘くなるので、水分もとってくれるところがありがたいです

嫌ではないものを、飲んだり食べたり、できるだけしてほしいなあ

にこにこしてるばあちゃんは、それだけで、みんなの幸せの素です

 

じいちゃんも、元気です

^_^

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね