あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

【ファッション検索】【Help!】ビートルズのアルバム「ヘルプ!」の一曲目「ヘルプ」と【1971年のヒット曲】

f:id:AIaoko:20210627174750j:image

今回のビートルズのアルバム「ヘルプ!」にも、ジョージ(ハリスン)が、のちの最初の妻パティ・ボイドのことを歌う曲が出てきました

パティと言えばモデルさんです

「パティボイド ファッション」と画像検索すると可愛いです

年代別の「1971年のヒット曲」ならフレンチポップス

「フレンチポップス ファッション」と検索しても可愛い

両方とも50年も前の写真とは思えないほどに今に通じます

だって、ファッションの流行は繰り返しですものね

^^

カーペンターズ「スーパースター」と尾崎紀世彦「また逢う日まで」

脳への働きかけとしては、10歳から20歳前後までの間に「大好きだった曲」を聴くのがいいそうですよ

私の場合は1971年からが本格的なスタートになります

^_^

まだ貼っていなかった曲をどうぞ

カーペンターズ「スーパースター」

Carpenters - Superstar - YouTube

尾崎紀世彦「また逢う日まで」

また逢う日まで尾崎紀世彦 - YouTube

2曲とも大好きです

聴くだけで、当時の思い出が溢れます

これは、脳に悪いわけがない!

^_^

他の曲は、こちらから聴いていっていただけると嬉しいです

(1971年) スリー・ドッグ・ナイトの「オールド・ファッションド・ラブソング」「また逢う日まで」グラス・ルーツの「恋は2人のハーモニー」 カーペンターズの「スーパー・スター」で認知症対策/ 介護生活をシンプルにする服の手離し - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

みなさんにも、1971年の思い出の曲はありますか?

え?まだ生まれてもいないですか?

^_^

ビートルズのアルバム「ヘルプ!」の一曲目「ヘルプ!」

いよいよ私にとっては問題作だった「ヘルプ!」です

ひとの好みは本当にそれぞれですよね

いい悪いではなくて、好きかそうでもないかの違いだけ

^_^

しかも、50年近く前の好みの話ですから、今は全く違うかもしれません

ちょっとドキドキしながら、1日1曲づつ聴いていってみますね

まずは

ヘルプ!」 (Help!)

この曲を今聴くと、山のような想いがあふれます

映画ヘルプを観に行ったこと

歌詞を拾うと、ジョンの助けて!の叫びが聞こえること

ビデオのビートルズの面々の顔が若くて幼くて、

ここからたったの数年で、あの解散前の風貌まで変化してしまったその過酷

楽しげなメロディにのせて、今だって十分に若いはずなのに、もっともっと若かった頃を思いながら

「誰か助けて!」と文字通り叫ぶのジョンの声

Help! (Live From The ABC Theatre, Blackpool, UK/1965 / Anthology 2 Version) - YouTube

ライブでのヘルプの曲

スターという位置が好きで、忙しい毎日が大好きな人もいるし

自分の時間が欲しくて、誰か助けてと叫びたい人もいる

ツアーばかりのスターたち共通の悩みかもしれません

この曲は、ポールの「カープール」のビデオの出だしでも、歌詞をそのまま使われてましたけれど、

【Hey Jude】ビートルズの「ヘイ・ジュード」 (アルバム「ヘイ・ジュード」のLPレコード)とポール・マッカートニーの「カープール・カラオケ Carpool Karaoke 」とラストのヘイジュードの歌詞の意味 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

いや、「歌詞」を読めば読むほどに、ジョンの深い深い意味と思いに引き摺り込まれる曲ですね

Help! - YouTube

ビートルズの曲「ヘルプ!」をディープ・パープルがカヴァー?

ヘルプのカヴァーというと、カーペンターズが思い浮かぶのですが、

1968年のディープパープルのカバーのビデオをYouTubeで見てしまいました

若い!!!

始まりは、なんなんですが、最後にはしっかりディープパープルになっていました

こんなのが見られる現在がすごいと思います

ビートルズの「ヘルプ!」とフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」

日本ではこの曲「ヘルプ!」は1位になれなかったそうです

原因は、フランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」が強かったからなんですね

私も4歳か5歳でしたが覚えていますよ、夢見るシャンソン人形

弘田三枝子さんも歌いましたよね

あのころのフレンチポップス の勢いはすごかったです

憧れましたね

【差し色】スカーフ5色買いとジェーン・バーキンのバッグ/ フランス・ギャルと弘田三枝子さんの「夢見るシャンソン人形」 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃん

食があまりに細くて、その結果、体がシンドイのだと思います

とても辛そうなので、父が「横になるといいよ」と声をかけました

以前なら、日中は横になる習慣のない母でしたが、素直にベッドに横になったので、やはり、かなり疲れているのだと思います

とはいっても、水分だけは必要なので、頃合いをみて声をかけると、案の定、起き上がってたくさん飲むことができました

暑くなると、さすがに喉がかわきますよね

 

ついでに、母の兄弟姉妹の中で唯一、まだ話ができる状態の〇〇ちゃんが送ってくれた「昔の写真」を一緒に見ました

ばあちゃんの父さんと母さんが、子供だった頃の写真と、就職した頃の写真などです

昔の写真は「修正」をかけているので

「これは、ちっとも父さんという感じじゃないわねえ」なんて言っています

写真はとてもハンサムですが、本人は、そうではなかった!とばあちゃんは言います

^_^

そうこうしているうちに、なんだか元気になって起きあがり、テーブルで少しですが夕食を食べてくれました

 

気持ちって大事ですよね

無理強いして食べさせたくはないけれど

本人が、ちょっとしたことで気分が変わり、少しでも食べてくれると、やはり、嬉しいです

我が家は最近「ヘルプ!」の心境ですね

母本人は、穏やかに衰えていくのを望んでいますが、それ以外の家族は、やはり見ていて「ヘルプ!」と叫びたくなります

でもね、30年ちかくも母と約束してきたことなので、無理強いはしません

みなさんのご両親や、お年寄りの方々は、まだまだ食欲がおありですか?

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね