あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれるアレコレのヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

1970年「ひまわり」映画音楽から「大好きだった曲」を思い出す/ 映画の中のファッション

f:id:AIaoko:20200729145212j:image

毎日、いろいろな方のブログを、やらねばならない事の合間に、たくさん読ませていただいてます

日々の元気の素です

 

するとね、おおおおおーーという、食いつきたくなる話がたくさん出てくるんですよね

衣食住から、趣味から、時事から、

話題は様々ですけれど、時間さえあれば、私もコメント書きたいなと思う記事に遭遇します

 

でも、時間がない

悲しいです

諦めきれないです

 

ということで、たくさんある食いつきたい話題のひとつだった「映画音楽!」に突然、参入させてもらうことにしました

映画音楽のことも、たくさんの方々が書かれていますが、今回、私が「もうダメ!書かせてください!」となったキッカケは

こちらです↓

 

lynyrdburitto.hatenablog.com

 

 ニール・スキナード (id:lynyrdburitto) さん、

忘れられない大切な記憶を呼びおこしていただきました

ありがとうございます

涙が止まりませんよね

 

昔の映画音楽

映画がメインなんだか、音楽がメインなんだか、わからないほどに、昔の映画の音楽って、感情を揺さぶるいいものが多かったですよね

 

キリがないほどに沢山ありますが、

今回のキッカケの映画「ひまわり」からいきます

 

ストーリーなどは、ニール・スキナードさんが分かりやすく書かれているので、

そちらをご覧くださいね

 

ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ!

よかったですよね

胸が苦しかったですよね

ロシアの若い彼女がまた、健気で可愛らしくて、

裏切れないよ、彼女と子どもを捨てて行けないよ、という

 

もう、苦しくて苦しくて、

人生って、どうしてこんなに、理不尽な運命ばかりなのかと、

ひたすら3人三様の苦しみ、辛さに、泣きましたよね

 

そして、あの音楽

ヘンリー・マンシーニですか?

 

もうダメです

あの曲が流れただけで、もう、ダメ

涙腺崩壊です

 

一面のひまわり

戦争

引き裂かれる家族

 

戦争だけは、起こしてはいけないと、強く強く思います

「誰かの大切な人を殺すこと」にほかならないからです

国だとか、地域だとか、宗教だとか、人種だとか、

それぞれは異なっても、

みんなみんな、愛する人達がいる、毎日を生きている人間同士ですよね

 

自分を含めた、その人間同士が、なぜ、殺し合わなければならないのか

国って、地域って、宗教って、人種や民族って、

そこまで、大切なものなの???

「自分の愛する人達」を差し出し、

「誰かの愛する人達」を殺さなければならないほどに、大切なものなの???

 

戦争にある種の憧れを抱くひとがいたなら、

映画「ひまわり」を見てほしいです

3人は、戦争を生き残った幸運な人達です

幸運なひとですら、こんなに苦しい

 

映画「ひまわり」と音楽「ひまわり」は、何年たっても忘れられない、忘れてはいけない何かを.語りかけてくれます

 

ソフィア・ローレン イタリアのマダム系ファッションのかっこよさ 

ファッションの世界では、パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークと、

それぞれに特徴がありますよね

 

フランスは、もう王道で素敵です

イタリアも双璧で素敵です

イギリスのパンク、ロック系のカッコよさも捨てがたい

アメリカも現実的な使えるファッションですよね

 

イタリアのマダム系ファッションといえば、ソフィア・ローレンを連想します

若い時から、バーンとしてカッコいいオシャレでしたよね

 

ひまわり、

映画も、音楽も、ファッションも、

いろいろなことを思い出させてくれます

 

イタリアのマダム系ファッションがお好きですか?

どんな系統のファッションがお好きでしたか???

 

ありがとうございます

我が家の90代のじいちゃんは、戦争で住んでいた土地と住まいを失いました

夫の母、バアちゃんも、戦争で故郷と家を失いました

我が家の認知症のばあちゃんは、戦中戦後の飢えの体験を忘れられません

今も、ひもじかったことが、どんなに辛かったか毎日、話しています

我が家の3人も戦争を生き残った幸運なひとたちです

それでも、二度と、あのような経験はしてはいけないと、いつも話してくれます

 

親の世代の悲惨な経験を無にしてはいけないと、強く思います

戦争のことを体験として語れる人たちが、どんどん年をとっています

 

コロナだけれど、

世界中が大変だけれど、

戦争よりは、ずっとずっとマシです

それを忘れてはいけないと、米中のニュースを見ると思います

 

どんな映画がお好きでしたか?

どんな音楽がお好きでしたか?

どんなファッションに憧れましたか?

 

どうぞ今日も、ステキな一日をお過ごしください