あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

映画版「ジーザス・クライスト・スーパースター」1973年 Jesus Christ Superstarは ミュージカル(アンドルー・ロイド・ウェバーは「ビートルズに続いて、音楽で世界を征服した英国人」と呼ばれる作曲家なり)

f:id:AIaoko:20211129110014j:image

1970年映画「レット・イット・ビー」、1971年ビートルズ解散、1971年ジョージ(ハリスン)の映画「バングラデシュ・コンサート」と1973年映画「ジーザス・クライスト・スーパースター」

50年も前のことなので、記憶があいまいになっていることも多いのですが、

その当時の友達や、住んでいた家との結びつきで、私の場合は、

  1. 解散後、初めて映画「レットイットビー」を見た(小学生の家出ですから忘れませんw)
  2. 解散に泣き、ジョージ(ハリスン)の映画「バングラデシュ・コンサート」を見にいった
  3. すっかり映画館での大画面と大音響にはまって、映画「ジーザス・クライスト・スーパースター」も観に行き、気が狂ったように虜になってしまった

と、こんな時系列になりました

「ジーザス・クライスト・スーパースター」は、ご覧になりましたか?

ビートルズの解散という「自分の中の悲しみ」を乗り越えて、

のちのアメリカ生活の中で夢中になったアンドルー・ロイド・ウェバーを代表とする「ミュージカル」に至る源は、

私の場合は、小学生の時に母と昭和の茶の間で見たミュージカル映画「シェルブールの雨傘」と、

中学生の時に映画館で観た「ジーザス・クライスト・スーパースター」でした

www.aiaoko.com

映画版「ジーザス・クライスト・スーパースター」は、もう、どの曲もいい!

このファッションと、この声!

大好きでした

www.youtube.com

私はロックオペラ(ミュージカル)の「音楽」が好きでしたが、こういう「ダンス」にハマった方もいらっしゃいませんでしたか?

www.youtube.com

本当に素晴らしい曲ばかりでした

夢中でした

www.youtube.com

あまりに夢中で、ひとり映画館にこもり、1曲1曲を全て覚えて帰り、家でエレクトーンで再現したいと思いました

それくらい好きでした

youtu.be

ああ、また全部観たくなります

この映画と曲は、私が「認知症」になった時、かなり、かなり、効くと思います

アンドリュー・ロイド・ウェバーとミュージカル

こんな記事がありました

ロックオペラの傑作『ジーザス・クライスト・スーパースター』サウンドトラックがブロードウェイ初演 50周年を記念して最新リマスターによる新装エディションで再発 | ティム・ライス&アンドリュー・ロイド・ウェバーの黄金タッグによる出世作!|ロック

イアン・ギラン(ここからディープパープルへ?!)とか、プログレとか、気になる言葉満載の記事です

50周年記念ということで、思わず買いたくなりますが、

認知症の予防と対策という、自分の観点からいうと、

私が夢中になったのは、このミュージカル版ではなく、その後の映画版の方だったので、ファンとして映画版を聴きつづけようと思います

そして作曲家アンドルー・ロイド・ウェバーですよね

「ビートルズに続いて世界を音楽で征服した」というのは、まさにです

ミュージカルに全く興味のない方でも、「キャッツ」「オペラ座の怪人」といった名前はお聞きになったことがあるかもしれません

私自身も、クラシックのオペラにはハマることのなかった人生ですが、

音楽がロック寄りのミュージカルには、一時期アメリカでどっぷりとハマりました

どの作品も、大人気で、

まさに、ビートルズに続いてアンドルーロイドウェバーに征服されたアメリカといった感じでした

大好きだった「ミュージカル」のことも、どこかで必ず書きたいと思います

ありがとうございます

ミュージカルはお好きでしたか?

ロックはいかがですか?

ダンスはどうでしょうか?

 

どんなものであっても、自分が好きなものは好き!

これが大事ですよね^_^

誰にも遠慮することなく、媚びることなく、自分の好きなものを好きと言える

ここが、老いていくことのいい点、喜びではないでしょうか

だんだんと老いていく人生もまた素晴らしい♪

と、そんな風に思います

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね