あい青子のどんな時も「幸せを感じる」方法24

認知症、障害、癌といろいろあっても「幸せな気持ち」になれたヒント集です。少しでもお役に立てたなら嬉しいです

家族に話す、家族の話を聴くと幸せを感じる

f:id:AIaoko:20200409184814j:image

さて今回は、家族と話す 家族の話を聞くです

災害

病気

怪我

戦争

さまざまな悲しみと苦しみの時がありますね

 

どうしたらいいか わからないほどの混乱のとき、

一番大切なひとと話してみませんか?

 

それは

配偶者かもしれないし

パートナーや恋人かもしれないし

親子かもしれないし

兄弟姉妹かもしれないし

友人かもしれません

 

あなたにとって一番たいせつな人達を思い出してみてください

 

災害や

病気や

怪我や

戦争のない 

通常の平和な日々

忙しい毎日で、大切な人のこと忘れてしまっていませんでしたか?

 

わたしは外でどうでもいい人たちにばかり気をつかい、家では疲れ果てていたことがありますよ

 

それが、ある日突然、昨日とは全く違う日々がやってきます

明日がどうなるのかも分からない不安な日々です

苦しいです

悲しいです

不安です

 

そんなときこそ、一番たいせつな人のことを考えてみてください

 

最後にちゃんと話したのは、いつでしたか?

きちんと話を聴いたのは、いつでしたか???

電話でもいいのです

今は、世界中どこでも無料で話ができるとんでもなく便利な時代です

 

うまくいってなかったり

照れくさかったり

今さら?だったり

話ができない言い訳なら、たくさんありそうですが

それでも、勇気をだして話してみませんか?

 

学校の人とか

仕事の人とか

あまり 深いつながりではない人とは、日々 話しているのに

案外、一番たいせつな人とは、話したり聴いたりしていなかったということはありませんか?

 

どう思われるだろうだとか

こう思われたいだとかあまり考えずに

話したいと思うことを素直に話してみませんか?

 

もしも、あなたの大切なひとが話しかけてきたら

今までよりもていねいに、じっと話を聞いてみませんか?

 

わたしは  とてもお喋りで、家族の話をちゃんと 聞けていないひとでした

あるきっかけで気がつきました

 

家族の話を否定したり

アドバイスをしたり

解決策をかんがえたりで

ちっとも相手の話をじっと 黙って 聴いていなかったと

自分の思うことばかり話していたと、ある時やっと気がつきました

 

世の中には

話し上手な人と

聞き上手なひとがたしかにいますけれど

 

大切なひとと話すときには、お互いに

思ったことを素直に話してみる

話をさえぎらず きちんと聞いてみる

大切な人だからこその、嘘偽りのない、心に寄り添う会話がありますよね

 

そういうことを ないがしろにしていませんでしたか?

 

世の中が混乱して、いつもと違う時間と場所で過ごさなければならないとき、

これはひとつのチャンス!でもあるのかもしれません

 

さあ、試してみませんか?

遅すぎるということはないと思います

 

わたしが変われば、あなたも変わる

彼女が変われば、彼も変わる

 

大切な人との素直な話し合いは、

私たちに深いつながりをもたらしてくれると思います

 

それは、暖かくて安心できて涙があふれるような

そんな時間だと思います

 

こんなきっかけでもなければ、もしかしたら一生、

忙しさにまぎれて、ちゃんと話せなかったかもしれない

 

そんな大切なひとに

いま、この時、話をしてみませんか?

話を聴いてみませんか???

 

きっと、いい時間がもてると思いますよ

 

思い立ったら、さあ、

電話をかけてみませんか???