あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

ミニマリストの服の色は?「好きな服」を着るカラフルな幸せ?? / ビートルズ「シーズ・リーヴィング・ホーム」

f:id:AIaoko:20210412125518j:image

カラフルなミニマリストはいかが?

90代の父

認知症の母

子供たち

さらに夫と私という6人家族で暮らしています

 

朝、忙しいので服は「制服化」しています

なんちゃってミニマリスト

ミニマリストもどき

です

^_^

 

でもね

カラフルな色の「お助け」がどうしても必要なんです

 

認知症の母が、まあ!と喜ぶから

自分の元気が出るから

オレンジや赤い服を着ると夫が似合うというから^_^

 

1番似合う基本の色「ベースカラー」に

カラフルな「差し色」をして暮らしています

 

介護の生活ですが

とても楽しいです

^_^

 

「ミニマリストの服の色」

といえばモノトーン?ワントーン?それともナチュラル?

ミニマリストと呼ばれる

服を含めた生活用品を

シンプルに

品数を減らして暮らしている方たち

 

素敵ですよね

憧れます

^_^

 

もちろん

大好きな様々なものに囲まれて暮らす日々が、とても充実していた時期もありました

^_^

 

たまたま、

今の自分には

 

ミニマリストさん的な生活が

心にぴったりとくるかな?という時なんですね

 

親の介護で

「ゴミ屋敷問題」を知ってしまったのが

1番大きいです

 

私があの家を全て片付けるの?!

 

私の家を片付けるのは子供たち?!

 

全員、悲鳴ですw

 

というわけで

ミニマリストさん

 

イメージとしては

 

黒と白

 

グレーと白

 

ベージュと白(オフホワイト)

 

茶系のグラデーション

 

紺と白

 

このへんの色合わせで

少ない数の服を組み合わせている方々が

多い印象があります

 

素敵なんですが

憧れるんですが

 

我が家には

「元気!」が必要なんです

 

パンチ!が

「色!」が必要なんです

^_^

 

そこで

亜流ミニマリスト

「楽しくもゆるいミニマリストもどき」の登場となりました

 

上記のベースカラーの中で

1番自分に似合うものを

「制服」の色にしてしまいました

 

そして毎日

その上に

自分の好きな、それでいて似合うカラフルな色を

重ねるだけ!

^_^

 

スカーフでも

セーター、カーディガンでも

小物( バッグ、ベルト、アクセサリー、ソックスタイツ)でも

なんでもアリです

 

いったん

1番似合う「ベースカラー」を見つけて

「制服」にし

 

大好きで似合う「差し色」をいくつか見つけてしまえば

 

あとは

簡単です

 

しかも

楽しい

^_^

 

よろしかったら

1年前の記事ですが

お読みいただけると嬉しいです

 

https://www.aiaoko.com/entry/minimalist

^_^

 

ビートルズShe's Leaving Home

She's Leaving Home (Remastered 2009) - YouTube

 

さてさて

ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の中の曲ですよ

 

この曲は

とても古典的で美しいメロディにのせて

ポールが

どこの家にもありそうな

「親と子の問題」を謳っていますよね

 

子供の時は

親が嫌いだったり

不満だったり

苦しみや、悲しみがあるし

 

親になると

口も聞いてもらえない苦しみや

あっという間に家を出ていってしまう哀しみがあったりするし

 

歳をとり今度は

親子の力関係が逆転すると

そこには

また違った世界がありますよね

 

いつの時代も

どこにでもある話なのかもしれません

 

え?

そんなこと考えてみたこともない?

 

という方は

 

とても大切なものをお持ちなのだから

それを大事にしてくださいね

 

家族って

とても不思議な関係ですよね

^_^

 

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃんは

もう

残っている兄弟姉妹とも

仲の良かった友達とも

電話で話すことも難しくなりました

 

耳が遠くて

機械音を聞き取るのが難しいことと

 

臨機応変には

話すことができないので

 

自信がなくて

電話には出たくないと言います

 

調子がいいときには

孫にも私にも

山のように思い出話を語るばあちゃんですが

 

自信がないというのは

きっと大きな問題なんですね

 

娘の私や、孫たちは

自分の自尊心を傷つけてはこない存在だから

安心なのだと思います

 

ばあちゃんが

ベラベラと話す姿を

孫が今日も携帯で隠し撮り(ビデオ)していますw

ばあちゃんの自然な姿が可愛いのだそうです

 

ばあちゃんに助けてもらい

成人となった孫たちです

^_^

 

助けてもらった方はいらっしゃいますか?

お元気にしていらっしゃいますか?

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね