あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

自分が好きな服と音楽【Dizzy Miss Lizzy】ビートルズのアルバム「ヘルプ!」の「ディジー・ミス・リジー」

f:id:AIaoko:20210627175630j:image

ファッションも音楽も必要なのは「自分だけのときめき」

ファッションも、毎年毎年、手を替え品を替え、新しい流行がやってきます

昔なら雑誌、今ならネット上で、今年はコレ!という大合唱が始まるので

なんだか、自分も、それを着てみたくなりますよね?

なんだか、だんだん、それが素敵に見えてきますよね?

ホントかな???

 

なんとなく騙されて買ってしまった服って悲しいです

本当は好きでもなかった

本当は似合わなかった

どうして、買ったんだろう。。。

その服に対しても失礼ですよね

きっと、この服を好きな人がいる

きっと、この服が似合うヒトがいる

 

トキメキって大事ですよね

ワクワク感

この服が好き

この服を着ると自分は素敵に見える!

そんな服の選び方をしたいと思います

 

音楽も同じだと思いませんか?

山のように違うジャンルがあって

同じ系統でも、毎年毎年、ヒット曲は生み出されます

子供の時には、ラジオで流行りの曲をチェックすることが1番楽しかったです

でも今は、

本当に好きな曲を聴きたい

心に沁みる曲

元気が出る曲

怒りや不安をなだめてくれる曲

素敵な場所に連れていってくれる曲

 

ファッションも、音楽も、

なんでも流行りのものは全てチェックしたかった時期と

自分だけのトキメキを大切にしたい時期がありますよね

 

大好きな映画「ファンダンゴ」と

ファッションの買い物の「失敗談」も

よろしければ読んでいってくださいね

ファンダンゴは、ケヴィン・コスナーの若い時(1985年)の作品で、名作ではありませんが

確実に、自分の人生の中のときめきでした

映画の中にでてくる大好きなロックの数々も、ぜひ聴いていってくださいね

↓ 

【Blind Faith】 映画「ファンダンゴ」 ("Fandango", 1985) に使われた曲「Can't Find My Way Home」(マイ・ウェイ・ホーム)ほか - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

 

Fandango (1985) Movie Soundtrack - YouTube

ビートルズのアルバム「ヘルプ!」の中の曲「ディジーミスリジー」

ついに、ビートルズのアルバム「ヘルプ!」も、最後の曲となりました

この曲も、カヴァーです

wikiに、ジョンのお気に入りとありました

ビートルズの曲が好きで好きで育った人が、自分がスターになってからもビートルズの曲をカヴァーしたいように

ビートルズのメンバーにも、子供の頃からの大好きだった曲があって、レコードで、コンサートで歌いたかったんですね

思い出、ですよね

ディジー・ミス・リジー」(Dizzy Miss Lizzy

Dizzy Miss Lizzy (Remastered 2009) - YouTube

さて、アルバム「ヘルプ!」の中に、お気に入りは見つかりましたか?

^_^

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃん

私と、孫のひとりにとって、それは、可愛くて仕方がない存在なんです

存在自体が癒しなんです

ところが、

父にとっても、夫にとっても、ばあちゃんの可愛らしさ、可笑しさは、あまり伝わりません

ただ一日中本を読んでいるヒト

会話もないし

可愛くもなければ、面白くもないんですよね

^_^

ひとと、ひとの相性って不思議ですよね

アンテナがぴぴぴと反応する相手がいます

しない人もいます

 

もう1人の孫は、中間かな

ばあちゃんは、この子のことも、ものすごく可愛がってきましたが

孫本人は、じいちゃんに対しての方が自然体です

^_^

人間関係って面白いですよね

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね