あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

「土曜の夜は僕の生きがい (Saturday Night's Alright for Fighting) 」(エルトン・ジョン)【歌詞の意味(和訳)】若い頃のElton Johnと映画【名曲・名盤】

f:id:AIaoko:20220908163723j:image

今回の「名曲」は「土曜の夜は僕の生きがい (  Saturday Night's Alright for Fighting ) 」エルトンジョンです

名曲100選

イエスのクリス・スクワイアも好きだった楽しい曲、キンクスの「ユー・リアリー・ガット・ミー」

ヴァン・ヘイレンのカバーも最高だった「ユーリアリーガットミー」の話から、

また、ノリノリの曲つづきです

名曲100選はコチラです

私にとっての「名曲」100選 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

今回は30曲目(順不同)ですね

「土曜の夜は僕の生きがい ( Saturday Night's Alright for Fighting ) 」Elton John

youtu.be

このギターの音が聞こえたら、もうたまりません

完全に持っていかれます

「名曲」です

1980年ライブ

誰にとっても青春に戻れる最高の曲ですよね

Elton John - Saturday Night’s Alright (For Fighting) (Central Park, NYC 1980) - YouTube

エルトン、60歳の誕生日のライブ

もうね、10代以降のひとなら誰でも、この曲とともに「土曜の夜」が最高に好きなのではないでしょうか

Elton John live 4K - Saturday Night's Alright (For Fighting) (Elton 60 - Live at MSG) | 2007 - YouTube

エルトン・ジョンの最高傑作アルバム『黄昏のレンガ路』(Goodbye Yellow Brick Road)1973年

このアルバムのなかでは、

  • のちに故ダイアナ妃に捧げたCandle in the Wind
  • Bennie and the Jets
  • Goodbye Yellow Brick Road

この3曲が、ことのほか有名ですし、

当時も、ラジオでいつも流れていました

ですが、

私が選ぶ「名曲100選」入りの曲は、

なんといっても

【Saturday Night's Alright for Fighting】「土曜の夜は僕の生きがい 」

です

もうこれは、絶対です

歌詞の意味(和訳)

コチラですね

【洋楽/和訳】Elton John _ Saturday Night’s Alright For Fighting - YouTube

永遠のティーンになった気分です

この曲さえかかれば、いつでもどこにでも、飛べます

ケヴィン・コスナーの映画「 ファンダンゴ」の挿入歌

どの曲もよかったけれど、サタデイは最高でした

コチラです

【Blind Faith】「Can't Find My Way Home」(マイ・ウェイ・ホーム) 映画「ファンダンゴ」 ("Fandango", 1985) に使われた曲 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

ギターもドラムも歳をとっても

カッコいい!

コチラです、ぜひ!

エルトン・ジョンの「ユア・ソング(Your Song)」と「土曜の夜は僕の生きがいSaturday Night's Alright (For Fighting)」と「ライオンキング」 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

カバーの数々

wikiより

LegacyEdit
"Saturday Night's Alright for Fighting" has been covered by W.A.S.P.,[10] Flotsam and Jetsam, Nickelback (with Kid Rock and Dimebag Darrell), Queen, The Who,[11] Fall Out Boy, Verbal Abuse, and several others. It has also been sampled in the hit "Gloria" by Umberto Tozzi in 1979.[12]

Among other appearances, song was featured in the film Kingsman: The Golden Circle(2017), where the song was mixed with the live performances at Wembley Stadium in 1975 and at the Royal Festival Hall in 1974, and the video game Grand Theft Auto V.[13] There was a musical number dedicated to the song in the Elton John biographical film Rocketman (2019).[14] Another cover of the song was performed by Camila Mendes and Casey Cott, in the episode "Chapter Sixty-Six: Tangerine" from the television series Riverdale.[15]

カバーしたくなる、映画、ドラマ、CM、ゲームに使いたくなる「名曲」ですよね

伝記映画「ロケットマン」

コチラですね

amass.jp

ありがとうございます

我が家のこどもは、この曲はエルトン・ジョンのイメージと違うと驚きます

いや、

この曲も、ザ・フーの映画「トミー」のピンボールの魔術師も、エルトン・ジョンだから!

^_^

みなさまも、ロックなエルトン・ジョンがお好きですか?

しっとりな曲なら、どの曲がお気に入りでしたか?

今日もいい1日をお過ごしくださいね