あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

好きな色の服を着る「捨てられない服」は幸せの素?(ミニマリスト)/ ビートルズ「Good Morning Good Morning」

f:id:AIaoko:20210412163254j:image

「好きな色の服を着る幸せ」捨てられない服は幸せの素?ミニマリストへの道

毎日、エラそうに、ファッションを語っていますが

 

失敗だらけの人生です 汗

 

恥をかいた分

すこしはお利口になれたでしょうか、ね?

^^、

 

この1年、コロナで外出できないのをいいことに

90代の両親との暮らしであることをいいことに

 

家の中で「好きな服三昧」をしてきました

大好きで、似合う服だけで「制服化」をしたからです

^^

 

その一方で

少しづつではありますが

いわゆる「断捨離」?

服の手離しも進めてきました

 

好きではない服

(流行に踊らされた 汗)

似合わない服

(年齢の経年変化?)

傷んでしまった服

(今までありがとう〜〜)

 

このへんは、いいのですが

 

好きで、似合っていた服は

古くなろうとも、シミがつこうとも

手離せないものもあるんですよね

 

そんな服と「巡り合えた」のは

幸せなことだと思います

 

そんな服ばかりを

もてたらいいなと夢見ます

 

1年前の記事ですが

思い入れのある大好きな服をもてた喜び

 

皆さんにも、おありですか?

よろしかったら読んでくださいね

^^ 

https://www.aiaoko.com/entry/suterarenai

 

ビートルズ Good Morning Good Morning

アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」からの曲ですよ

Good Morning Good Morning (Remastered 2009) - YouTube

 

この曲があったことは忘れていても

前の曲からこの曲へ

この曲から次の曲へ

 

こういう流れは

頭の中?耳の奥?心の奥底?から

消えることはありません

 

しかも

コケコッコー!の鶏の声にはじまり

犬猫鳥猛獣象なんでもありの

動物たちの鳴き声に終わる曲です

 

子どもが忘れるはずがありません

^_^

 

ポールの「おはよう!」という

明るい声

 

ジョンの、気だるい

意味深な歌詞

 

この組み合わせこそ

ビートルズですよね

 

このブログで「認知症の予防と対策」として「昔、大好きだった曲」のことを書いているのは

 

いわゆる

「音楽療法」

「回想法」

と共通する考え方です

 

「音楽療法」は「療法」ですが

映画「パーソナルソング」の魔法は

個々人が簡単に体験できる方法ですよね

大好きだった曲を聴くだけですから

^_^ 

映画「パーソナル・ソング 」の勧め Alive Inside : A Story of Music and Memory 認知症の高齢の方たちの反応が素晴らしい!必見です - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

 

同様に、「回想法」もプロがついて集団で、マンツーマンでする「方法」ですが

これも、個々人が、

ブログで、日記で、自分史で

思い出していける方法です

^_^

認知症の予防と対策としての「ブログ」「日記」「自分史」を書くこと( 回想法、音楽療法) - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

 

この2つをドッキング!

昔大好きだった曲を聴くと

あらら

当時のことが、あれもこれも

思い出されませんか???

 

えーっと驚くほどに

思い出したくない思い出まで

出てくる不思議  

^_^

 

これが

音楽療法と

回想法の

ふたつを体験できる素晴らしさですね

 

認知症になる前ならば

自分でできるところもいい!です

 

大好きだった曲を聴きながらの

回想法

みなさんも、されてみませんか?

^_^

  

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃんも

ご機嫌ななめの時はあります

 

「あたる相手」は

ビルの窓ガラスなんです

え?!

^_^

 

お店には、住宅と違いベランダはありませんよね

それが、ばあちゃんは嫌いみたいですw

 

地震などで窓ガラスが下に降ってくるのが怖いばあちゃん

2階以上はベランダがあれば、下にはガラスが降らないのに、というんですが

 

う~む

^_^

 

昔、なにかの体験があるのかもしれませんよね

ガラスの怖い思い出とか

 

とはいえ

窓ガラスへの文句でも、なんでも

 

こうなったら、なんでもいいから

話をしてくれたら大成功

 

表情のないウツロなばあちゃんより

文句を言ってるばあちゃんのほうが

娘としては嬉しいです

^_^

 

私の場合は

「文句を言ってるお母さん」より

「表情のないウツロなお母さん」のほうが

子どもとしては有難いよ。。。

 

と、

きっと子供たちには思われそうです 汗

 

ばあちゃんと、私とでは

キャラが違いすぎますからね

^^

 

さて、みなさんも

地震の時に上から降ってくるガラスが怖いですか?

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね