あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれるアレコレのヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

認知症対策を!サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド!ビートルズが見つからない/ 老後対策のファッションの手離しも

f:id:AIaoko:20200516080850j:image

 

すでに認知症は始まっているのか?!

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドのLPレコード、アルバムが見つかりません

なぜ?

どこへ行った???!!!

 

こういう場合、我が家でいつも、疑いをかけられていたのが、障害のある子どものOちゃんでした

本人がいくら、自分ではない!と言っても信じてもらえないという、まさに悲劇の子どもだった過去があります

ところが、自立とまではいきませんが、一度だけ、家を出て生活したことがありまして、つまり、Oちゃんは家にはいないんですが、物はなくなります

犯人は???

 

もちろん、私!なんですよね

ご、ごめんね、Oちゃん!!!

 

というわけで、アルバムのサージェントペパーズロンリーハーツクラブバンドも、いつか、思いがけないところから出てくる予定です

Oちゃんは、家のなかの物探しの名人でもあるので、きっと今回も第1発見者になってくれることでしょう

ありがとう!Oちゃん

 

www.aiaoko.com

 

 

服の手離しをいそぐ!

服だけでなく、ほかの家の中の品々も、早く早く手離しして、スッキリさせないと、

私が認知症になったあかつきには、家中が大混乱となります

物をため込む私が、6人家族のなかでは、1番捨てる能力?が高いという、恐るべき事実が、ここにあります

急げ!急ぐんだ!かあちゃん!!

 

本日の手離し

f:id:AIaoko:20200612092219j:image

自分にとって、色は似合いますが、形も似合いますが、

テイスト、ムードが、もう無理です

 

若い時は、かわいい物、カッコいい物、キワモノ?なんでもありでしたが、

こういう、民俗調も、インドからモロッコからメキシコまで、なんでもアリでしたが、

 

今は私にとっての手離しどき

今まで楽しませてくれてアリガトウ!と声をだして、さよならします

 

ファッションが大好きで、いろいろなテイストにチャレンジするのは、

なんでも似合う若い時でもいいし、

金銭的に、時間的に、余裕が出てきた時でもいいし、

人の目を気にしなくていい時期でもいいですね

 

私の場合は、さまざまなテイスト、ムードの服にチャレンジする時期は終えて、

1番好きで1番似合うテイストにしぼり、

ゆるく楽しいミニマリスト?になる時期に突入です

すなわち、衣類の手離しですよ

 

これは、

現在進行中の、我が家の認知症のばあちゃんの介護生活にもピッタリです

その先にある、我が家のパパと私自身の認知症?や老化?の対策にもなります

いずれにしても、大好きなもので、服をためこみすぎました 

がんばります

 

 

 

www.aiaoko.com

 

 

 

 

10~15歳のとき大好きだった曲を聴くのが認知症対策!

 

というわけで、またもや、物がなくなる認知症の症状につき、

子供時代に、なけなしのお金で買ったビートルズのサージェントペパーズのアルバムの話は、現物の写真なしに進めます

 

サージェントペパーズは、いいアルバムですよねえ

最初から、いきなりいいです

 

つながりも、いいし、

個別の曲もいい

サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ

シーズ・リービング・ホーム

再びのサージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド

ア・デイ・イン・ザ・ライフ

と、もう、どの曲でも認知機能が上がりまくりです

 

子供たちによく頼んでおいて、毎日聴きたいビートルズ

 

60歳も近いだなんて、思えば遠くへ来たものだと、わかったような口をききたくなりますが、

我が家の認知症のばあちゃんの境地に達するには、さらに、30年以上の歳月が待っているという事実があります

生きている限り、できる範囲で、「幸せな気持ち」で生きていきたいですよね

 

衝撃的で、嬉し涙なしには見られなかった

「ポール・マッカートニーのカープール・カラオケ」のなかでも、

ポールが、昔そだった家(リバプール)を訪れ、

When I'm sixty four を弾き語りしてくれました

こちらです、感動です↓

 

 

www.aiaoko.com

 

 

あのラブソングを作ったとき、ポールは、64歳などはるかに超えた今の自分の姿を想像できたでしょうか

私も同様に、まさか自分が60代突入まぢかで、親の介護だとか、自分自身の認知症予防だとか、老いじまいだとか、

そんなステージに立つ時期が、こんなに早くやってくるとは、思いもしませんでした

 

時がたつのは早いですね

 

 

 

 いや、ぼやぼやしている暇はありません

認知症対策の「大好きだった曲のリスト作り」と、

ものの整理、ことに「大好きな服の手離しとミニマリスト化」を急ぎますね

 

 

ありがとうございます

ファッションはお好きですか?

音楽はお好きですか?

 

 

www.aiaoko.com

 

 

介護と老後のための「衣類の手離し」と、

自分の認知症予防と対策のための「大好きだった音楽のリストづくり」、

ご一緒していただけたなら、とても嬉しいです