あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

「認知症を自分で予防すること」と「幸せを感じること」(英国の権威ある医学雑誌「ランセット」の「自分次第で改善できる認知症の9つのリスク要因」を読んで) 

f:id:AIaoko:20230310084055j:image

認知症以前に命があぶない?!

子どもの時から記憶に障がいがあり、言ってみれば認知症状態でなんとか生きてきました

気づけば60代

母親(ばあちゃん)も認知症にて「呼び寄せ介護」をすることとなりました

次は、もっと酷い私の番だ!

個人的に認知症の予防は重大事でした

ところが、

ここへきて認知症以前に命が危ないという事態になり、一気に関心事はそちらの対策へと向かっています

でも、

ずっと考え続けてきた認知症対策の「下書き」はここで出させてくださいね

きっと、どなたかのお役に立てるはずと願っています

認知症の予防とは

英国の権威ある医学雑誌「ランセット」の認知症予防・介入・ケアに関する国際委員会が、これまで報告された数々の研究結果を解析し、「自分次第で改善できる認知症の9つのリスク要因」を発表している。

 年代によって、そのリスク要因は分かれている。小児期の「低学歴(11~12歳に教育が終了)」。中年期(45~65歳)の「高血圧」「肥満」「難聴」。高年期(65歳以上)の「喫煙」「抑うつ」「運動不足」「社会的孤立」「糖尿病」だ。これらのリスク要因を、その年代のうちに一つでも多く排除するように努めることが、認知症予防になるわけだ。

 

 いわゆる「脳トレ」と呼ばれるさまざまな種類の本やゲームなどが売られているが、認知症予防効果はあるのか。認知症専門医で「医師が認知症予防のためにやっていること。 」(日経BP)の著者、聖路加国際大学の遠藤英俊臨床教授が言う。

中年期(45~65歳)の「②高血圧」「③肥満」「④難聴」、

高年期(65歳以上)の「⑤喫煙」「⑥抑うつ」「⑦運動不足」「⑧社会的孤立」「⑨糖尿病」

いかがでしょうか?

思い当たることはありませんか?

認知症になっても、そこからの素晴らしい人生はあるのだと、母は身をもって教えてくれました

けれども、もしも自分の努力で認知症にならずにすむ可能性があるならば「私の頭は壊れてしまったの?」という哀しい認知症にならないための「おまじない」をしておく価値は高いと信じます

 

  • 深く考え、ペンを使って書く
  • 塩分少なく
  • 降圧剤はARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)』が最も認知症のリスクを下げる
  • 高血糖もダメ➕低血糖の発作もダメ ➕血糖値が上下しない食事
  • 糖、炭水化物を少なく
  • 運動

ヒントは身近なところにたくさんありますよね

新しい記事

こういうのもありました

yomidr.yomiuri.co.jp

心臓にいいものは頭にもいい!

一石二鳥ですね♪

日々、幸せを感じながら生きよう

どのような状態でも、小さな喜びは日々の生活の中に山ほどありますよね

そういうことに敏感で、笑顔と笑いを忘れずに生きていきたいです

そして、

残念ながら認知症になってしまっても、そこからの喜び、幸せを諦めなくて大丈夫♪と、

亡き母との暮らしの経験からお伝えできればと思います

ありがとうございます

生きていれば誰しも、悩みや苦しみはありますよね

不安や恐怖も、もちろん感じます

けれども、そういうものに押しつぶされることなく小さくても「幸せな気持ち」を感じながら毎日を過ごしていきたいです

今日も天気がいいね

美味しいね

笑顔がうれしいね

生きてることって、それだけで素晴らしいことですよね

今日もいい一日をお過ごしくださいね