あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

The Beatles「Now And Then 」の感想:新曲のミュージックビデオ(MV)に涙:ビートルズ最後の曲「ナウ・アンド・ゼン」

f:id:AIaoko:20231103165249j:image

ビートルズ「ナウ・アンド・ゼン」の感想(最後の新曲):ミュージック・ビデオ(PV)を観た!

コチラでした

youtu.be

こんな機会に恵まれるなんて誰が想像したことでしょう

信じられない

ジョン・レノン

ふざけているジョンの姿

楽しそうなジョン

昨日、音だけで聴いた同じ曲が

全く違う色彩で聞こえてきました

歌詞も、

男女間の愛というより、ビートルズの仲間たち相互の関係の歌のように聞こえてきました

寂しいけれど、あたたかい

そして、映像に思わず笑いがこぼれます

ポール・マッカートニー

この曲を完成することを諦めなかったポールは、

やはりジョンの1番の「友」だったのだと感じました

苦しい境遇を支えあった友

大好きな音楽にともに夢中になった友人

世界的な大成功の渦に巻き込まれてしまった仲間

思春期からの、家族よりもある意味濃い、深い友人関係がそこにはあるのだと感じました

ジョージ・ハリスン

ジョージの視線がいつも気になります

一番下の弟の視線でしょうか

ビートルズ解散後、真っ先に自由に羽ばたいたジョージでしたけれど、

たくさんの笑顔がビートルズのなかにもありました

思わずこちらも微笑むようなとても幸せな笑顔でした

リンゴ・スター

リンゴが83歳にして、こんなに若いからこそできた新曲ですよね

ポールだけだったならば、それはビートルズの最後の新曲とは言えなかったはずです

今のリンゴのドラム、リンゴのコーラスあってこその

ビートルズですね

過去の4人のビートルズ

リバプールの子供の頃

ハンブルクのやんちゃな時

爆発的人気の時代

老成する4人の姿

ジョンを失い

1990年代に集まったポール、ジョージ、リンゴ

そして、ジョージを失い

本当に80代となったポールとリンゴの横に、

若い若いジョンとジョージの映像が寄り添います

嬉しくて、嬉しくて、泣き笑いみたいになってしまいました

解散後のビートルズ

みんな、4人とも、

ナウ・アンド・ゼン、ときどき、寂しかったですよね

10代の頃からの仲間

とんでもない苦労も共にした仲間

大好きな音楽を叫んだ仲間

とても寂しい気持ちだってあったと思いますよね

現在のふたりのビートルズ

もう、帰ってはこないジョンとジョージ

また一緒にスタートすることはかなわないジョンとジョージ

それでも、ポールとリンゴは再びビートルズを再開してみてくれました

ジョンの声も

ジョージのギターも

今、ここに響いています

まるで、2人ともここにいるかのように

ありがとうございます

昨夜、23時に新曲「NOW AND THEN」が公開されました

感動しました

ことに、クリアで胸を打つジョンの声に動揺しました

そして今日、22時に今度は動画、MVが公開されました

ビートルズ最後の新曲

解散後にジョンが作り歌った曲

生前のジョージが弾いたギター

リンゴのドラム

ポールのさまざまな働きの数々

やはり、ポールには「思い」があったのかもしれませんね

その「歌詞」については、和訳・歌詞の意味つきで聴くコチラを

www.aiaoko.com

ジャイルズ・マーティン(プロデューサー)の語る「思い」についての話はコチラを

www.aiaoko.com

よろしければご覧ください

自分ではない人の心など誰にもわからないから

歌詞というのは

聴く人ひとりひとりに委ねられますよね

どのようにも解釈できますよね

ラブソングあり

友情あり

離れ離れになった仲間への思いあり

なんでもありですね

みなさまは、どんなナウ・アンド・ゼンをお聴きになりましたか?

ビートルズは特別ですね

今日もいい一日をお過ごしくださいね

ステージから4人の姿が消えて

灯りも消えるとき

とてもとても寂しいです

だから、

何度も繰り返し、同じこのビデオを観てしまいます