あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

クリスマスは家族の日?

クリスマスは家族の日?

せつない思い出があります

ティーンの頃、好きだった男の子にクリスマスのプレゼントをあげる約束をしていました

バス停で待ち合わせをしました

しばし、オシャベリをして、さて出掛ける?という時に彼が言いました

「ごめん、家族がクリスマスを祝っているから帰るね」

そう、クリスチャンの一家でした

クリスマスは家族で過ごす「お正月」のような日なのだと、

その時初めて知りました

クリスマスは恋人の日?

我が家には「恋人がサンタクロース」のサンタになれない男(息子)がいます

クリスマスとバレンタインデイは年間で最大の「恐怖の日」ですw

町中にあふれる「しあわせそうなカップルたち」

でもね、

自然が一番!だと私は思っています

好きでもないひとと無理やりデートしても楽しくはないし、

お互いに好きではない人と付き合っても哀しいだけだし、

ひとりのクリスマスだって、楽しいこと、嬉しいことはたくさんありますよね

ケンタッキーでクリスマス!?

私と夫が結婚したころ、ふたりはとても貧乏で

クリスマスのローストチキンのごちそうなど食べられるはずもなく、

ケンタの箱をかかえて帰ってくる夫がサンタクロースでした

ケンタッキーのCMソングを歌いながら玄関口に立っていましたw

この話をすると、アメリカでもヨーロッパでも、かならず「ありえない!」と言われます

ローストチキンは肉を焼くだけですから、家庭で安価にもつくれる料理ですよね

でもね、「日本の安アパートにオーブンなんてなかったんだよ!」

ここのところの感じがなかなか伝わらないのがもどかしかったです

(^^;

みなさまは、どんなクリスマスを経験されてきましたか?

ありがとうございます

我が家にはクリスチャンはひとりもいません

でも、

クリスマスのシーズン(ホリデイ・シーズン)は住んでいたアメリカでもヨーロッパでも「特別なもの」でしたので、

やはり我が家も、クリスマスは家族全員にとって今も「特別な日」です

今年も無事にその日を迎えることが出来ました

そう、

生きてるだけで丸儲け♪ですよね

クリスマス・イブの昨日、

クリスマス・ソングの記事を書いてみました

よろしかったら、あんな曲、こんな曲を聴いてみてくださると嬉しいです

Christmas Songs 名曲・洋楽・定番は「クリスマス・イブの思い出」 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

どうぞ

今日もいい一日をお過ごしくださいね