あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれるアレコレのヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

1999年ポール・マッカートニー「ロックの殿堂」入り・工夫して着る服にサヨウナラ

f:id:AIaoko:20200930093759j:image

 1999年、ついにポール・マッカートニー「ロックの殿堂」入りです

1988年にビートルズ

1994年にジョン・レノン

そして、今回のポールですね

 

私が一番好きなジョージ・ハリスンについては、もう少し待たなくてはなりませんが、

ビートルズだけでなく、

個々人も「殿堂入り」というのが嬉しいです

ビートルズの話はこちらもご覧ください↓

www.aiaoko.com

 

まずは黒のワンピースの手離しから 

f:id:AIaoko:20200930055540j:image

このワンピースは、vネックでフロントにジッパーで調節できる深いスリットがついています

マキシ丈が着たいので、このワンピースには、マキシのスカートを下に着込んでいました

スリットから下にひろがる差し色です

 

でもね、実はこのワンピース、後ろ前に着ているんです

本当は、前がボートネックで、後ろがvネック なんですね

それを、わざわざ前後逆に着ていました

(そこまで、するのか!と自分に突っ込みを入れたいです)

 

もう、十分着ました

前後逆なので、微妙に首や肩も凝ります^_^

 

今までありがとう!を言ってサヨナラしますね

 

涼しい季節がきました

金木犀のとてもいい香りがする朝に、我が家の認知症のばあちゃんを公園に連れ出す喜び!

「気持ちがいいわねえ」の声で、すべての疲れが飛んでいきます

そんな爽やかな日に似合う服装も、してみたくなりました

 

ポール!

さて、ポールの話、ビートルズの話です

 

このブログを始めるまで、私はかなりポール(マッカートニー)に対して、なんというか意固地だったんですよね

 

やはりね、

子供のころに、たぶん「ビートルズの軌跡」で「ビートルズが解散したのは、メンバー間の不協和音」説を読んで、

 

しかも、プチ家出をしてまで小学生が観に行った「レット・イット・ビー」のフィルムの中で、

大好きなジョージが、ポールにやり込められているのを目撃してしまった!というのが、大きいんですよね

 

ちょっとしたトラウマ?

 

でも、ブログを始めてよかったです

まずは、ポールの「カープール・カラオケ」のビデオのことを教えていただけました↓

www.aiaoko.com

涙の体験でした

私、こんなにポールのことも好きだったんだ!と

かたくなだった気持ちが、溶けだしていくようでした

 

そして、ポールが来日したとき、子供に「コンサート、行かなくていいの?」と訊かれたのに、

「ポールだけのビートルズはいらない」と、行かなかったことを後悔しました

 

ビデオの中のポールは、当たり前ですが、歳をとっていて、

今、ポールに会わなかったら、いつ会えるの?と

その時の自分に言いたかったです

 

ポールって、ほんとうに普通の人なんですね

音楽的には、異才、天才なんだけれど、

人間的には、とても普通の人なんだと見ていて思いました

 

「カープール」で感動して、またビートルズを聴くようになり、

それからは、アビイ(id:abbeyroad0310) さんのブログも読ませていただくようになりました

ビートルズの話が満載!なんです↓

 

abbeyroad0310.hatenadiary.jp

 

するとね、

大好きなジョージだけでなく、ジョンもポールもリンゴも、

10歳でビートルズに出会った日から、

自分にとって、4人が、どんなに大切な存在だったのかを「思い出す」ことができたんです

 

心の奥底の「思い出」でした

 

ポールの「ロックの殿堂入り」の記事も、こういう気持ちで書けて、本当に幸せです

たいせつなビートルズの思い出、

しかも、このブログの目的「認知症の予防と対策」において、

「認知症のひとに聴いてもらうと効果がある大好きな曲」の期間は、

10歳から15歳の間とも言われています

 

私の場合は、まさに、ビートルズなんです

 

のんち (id:nonchi1010)さん、

アビイ (id:abbeyroad0310) さん、

ありがとうございます

 

そして、私がブログを読ませていただいている皆さん、

ありがとうございます

 

いつも読みに来てくださる皆さん、

すべてのかたに、感謝です

 

とてもとても、おだやかで、

とてもとても、幸せな気持ちのする「ポールのロックの殿堂入り」の記事となりました

 

嬉しいです

 

ありがとうございます

ポールの「カープール・カラオケ」のビデオは、ビートルズが好きなすべての皆さんにオススメしたいです

 

きっと、リバプールのあの人混みの中に行くのは、怖かっただろうけれど、

いろいろな思い出と対面するのも、怖かっただろうけれど、

 

ポールが、あの番組と彼のおかげで、何かとても暖かいものを得たのが、

観ている私たちにも伝わってきましたよね

 

ジョンもジャージも亡くなってしまったけれど、

 

ビートルズもリバプールも、そこにちゃんと存在していて、

みんなが大切な思い出にしているんだよっていう

とてもとても素敵な体験がそこにあって、

 

とにかく、感動です

ぜひぜひ、↑ ご覧ください

 

ビートルズはお好きでしたか?

ポールが好きでしたか?

どんな音楽を聴いていましたか?

 

 

今日もいい一日をお過ごしくださいね