あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

Please Please Me ビートルズのデビュー・アルバムを全曲聴く・和訳(英語の歌詞と意味)つきで聴く

f:id:AIaoko:20231203093825j:image

ビートルズ『プリーズ・プリーズ・ミー』英国でのデビューアルバム1963年

このアルバムから、リアルタイムでビートルズを追いかけてこられた方々が、

本当にうらやましいです

星加留美子さんのようにお仕事経由でビートルズを知った方をのぞくと、

そのころからの純粋ないわゆるビートルズファンのかたは、

80代はじめ、70代といったところでしょうか?

私は当時まだ2歳でした

ビートルズを知るには幼すぎました

ビートルズのデビューアルバム1位!次作が出てまた1位!

wikiより

全英アルバムチャートで最高位1位を獲得。その後次作『ウィズ・ザ・ビートルズ』で第1位を獲得するまでの30週連続で1位を獲得した

デビュー・アルバムなのに、30週、7か月も1位で、その座を渡したのがまた同じビートルズの次作って

本当に人気爆発!ですよね

とんでもない熱を感じますよね

たったの一日で一発録りで作られたアルバム

wikiより

1963年2月11日の午前10時にビートルズとプロデューサーのジョージ・マーティンはスタジオに入り、約3時間のセッションを3回繰り返し、10時間弱でシングルで既に発表されていた4曲を除く10曲を録音、1日でアルバムを完成させた。時間と予算が限られていたことから、ほとんどの曲は原則一発録り[注釈 2]で制作された。

新人のデビューアルバムなのだから、そんなものだったのかもしれませんが、

今現在のビートルズを知る私たちにとっては、

え?!っと驚くエピソードですよね

1日で作ってしまったアルバム?!

一発録り!?!

実力がないと、悲惨なことになりますよね

ライブの臨場感?!

スタジオ録音ではあっても、基本一発録りのライブ

解散後にジョンは『ビートルズの(当時の)ライヴ感の生々しさを出しているという点では、このアルバムが一番近い』と発言している。

ジョンの言葉に納得です

「ビートルズの軌跡」という単行本!蘊蓄を知るとさらに好きになるビートルズ

個人的には小学生の頃にエレクトーンの練習曲とラジオを通してビートルズに夢中になりました

ハマっていったきっかけの一つは雑誌「ミュージックライフ」がもととなった単行本「ビートルズの軌跡」を読んだことでした

エレクトーンの楽譜についているビートルズの写真、お年玉で買ったシングル「ハード・デイズ・ナイト」と「レット・イット・ビー」

そこから「ビートルズの軌跡」という本を通して「ビートルズ大好き!」の人生がひらけていきました

(まるで受験勉強のように「ビートルズの軌跡」を暗記しようとする小学生でした)

^^

こちらの文庫本のレビューが当時の様子に詳しいですね

感謝です

https://amzn.asia/d/dyNy1c0

単行本のほうは、サイズもすこしは大きいですし、写真も盛りだくさんで、

メンバーの彼女たちなど、食い入るように見ていましたw

デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」を全曲聴く・和訳つきで聴く

そんなアレコレを知った後で聴くデビュー・アルバム

ういういしく、フレッシュで、若さがたまりませんよね

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

 

www.youtube.com

ありがとうございます

ビートルズの曲をデビューから順にずっと聴いていく

楽しいです

やはり、小学生のときに始めてしまった「解散から遡って戻って聴いていく」は邪道だったなあと今更ながら思います

完成形からもどれば、それは途中で「???」となってしまうのも、致し方なかったかと

若さ爆発!のデビューから順に聴くからこそ、

次もいい!

また次もいい!!

という進化を体験できたのですよね?

時間の許す限り、こんな形でビートルズの1曲1曲を毎日聞いていきたいなあと思っています

みなさまは、ビートルズを

いつ

どこで

だれと

どのように

お聴きになりましたか?

小学校の校庭の鉄棒で遊びながら

ビートルズやラジオの洋楽を

友だちとナンチャッテ英語で歌う子供でした

昭和の茶の間のラジオは「宝箱」のようでした

解散直後のメンバーのソロ曲が、リアルタイムで流れていました

合間にかかる「レット・イット・ビー」に泣きましたよね

それでは、

今日もいい一日をお過ごしくださいね