あい青子のどんな時も「幸せを感じる」方法24

認知症、障害、癌といろいろあっても「幸せな気持ち」になれたヒント集です。少しでもお役に立てたなら嬉しいです

足元に差し色して服の手離し、ゆるくて楽しいミニマリストへ?

f:id:AIaoko:20200518143347j:image

前回のシリーズが、

巻物(ストール、マフラー、スカーフなど)で差し色をして、服の手離しを進め、ミニマリストを目指すという話でしたので、

 

今回は、

足元(靴、ソックス、タイツ)で差し色をして、服の手離しを進め、ゆるく楽しいミニマリストを目指しますね

 

まずは、お約束の、服の制服化!です

朝起きた時に、考えずに着られる、制服のようなセットをつくります

 

時間があって、アレもコレも試してみたかった若い頃

オシャレは、それはそれは楽しいものでした

今も、楽しいのは同じなんですが、楽しさの種類は正反対を目指します

つまり、アレもコレもはいらないんですね

もう何周もファションの流行の周期も楽しませてもらって、幸せを感じさせてもらいました

今年の流行も、なんだか、懐かしい風味がありますよね

 

そんななかで、

まず時間がない

私の場合は、90代のじいちゃん、認知症のばあちゃん、障害のある子どもと暮らしてますから、自分の服を買いに出かける時間もないし、コーディネートをアレコレ考えてる時間もない

ならば、1週間分の服を、制服化してしまおう!というのがキッカケです

 

さらに、長く生きてきたおかげで、

自分にまったく似合わない色、残念

自分にまったく似合わない形、残念、

自分にまったく似合わないムードの服、残念、というのが、

もう十分、わかってしまいました

 

若い時は、その若さで、苦手なものにもチャレンジ!する楽しさがありましたが、

今は、自分に似合う色で、自分に似合う形で、自分に似合うムードの服のなかから、

さらに、好き!なものを選び出して、数は少なくても幸せ!な毎日の制服化ができたらいいなあと、

にやけながら、妄想は、どんどん膨らみます

 

話が長いですね

はい、ここからスタートです

制服化は、私の場合は、組み合わせを考える必要のないワンピースです

色は、一番似合う黒が3枚です

形は、vネックのノースリーブのストレートのマキシ丈がベストですが

たった、これだけの条件なのに、なかなか見つからないので、似た路線のものです

甘いテイストのものは、まったく似合いません

ということで、コレです

f:id:AIaoko:20200518145200j:image

今回のシリーズは、ストレートかタイトという形を妥協して、フレア気味なんですが、そのかわり、丈がちゃんとマキシなものを選びました

どのワンピースも、自宅でガンガンお洗濯できるもの限定です

介護生活です

 

そして、今回の足元で差し色のテーマにそって、今日は黄色のサンダルです

もう、真夏のような日もありましたよね

 

私の場合の差し色は、黄色、オレンジ、赤、フクシア、紫、ときどき緑と決めているのですが、

前回までの首元の巻物と違って、足元は、顔から最も遠いので、わりと似合わない色でもイケる!というところが嬉しいポイントかもしれません

 

世界的なオシャレ番長ナンバーワン!のアナ・ウィンターさんは、

ベージュのサンダルしか履かないことで有名でしたよね

ブーツなどの例外を除くと、徹底して、脚が綺麗に見えるベージュのサンダルをご愛用されている様子ですね

 

私も、ベージュのサンダルとパンプスは持っています

でもね、真っ白なサンダルやブーツ、真っ黒なサンダルやブーツを合わせた時と比べると、私の場合には、ベージュの靴だと、やはり今ひとつです

脚は確かに、長く綺麗に見えても、全体としては、今ひとつ

最終的な段階の手離しで、ベージュのサンダルを残すのか、いなか、決めなくてはなりません

 

話は戻って、ではでは、足元に差し色をする時の自分ルールとして、脚がほとんど見えないほどのマキシ丈の時のみ、足元をカラフルにするのはどうか?と決めてみました

そうすれば、脚がきれいに見えるかどうか問題はクリアできます

 

とにかく、時間がないのですから、簡単な制服化ですよ

自分に似合うベースカラーのワンピース3枚に、あの手この手で、似合う色の差し色をして、もう完成!

 

 

ちなみに、うちの認知症のばあちゃんは、外反母趾対策命!です

いまや靴は、一番お気に入りの、痛くない靴一択です

タイツの色、服の色と合おうと合うまいと、それ一択

娘の私が買った新しい靴も、履いてみて痛くない靴一番!になれないと出番もありません

潔いなあ、ばあちゃん

 

皆さんは、どんな靴の色がお好きですか?
一緒に、アレコレ楽しみつつ、服の手離しを進めていけたなら、嬉しいです