あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

30. Free Bird ドリ-・パートン (feat. ロニー・ヴァン・ザントwith スペシャル・ゲスト:ゲイリー・ロッシントン、Artimus Pyle )

f:id:AIaoko:20231114191527j:image

ドリー・パートン 「Free Bird」

どんな仕上がりでしょうか

更新 コチラでした!

youtu.be

フリー・バード(レーナード・スキナード)

コチラでしたね

youtu.be

曲だけでも、じっくりとお聴きください

youtu.be

feat. ロニー・ヴァン・ザントwith スペシャル・ゲスト:ゲイリー・ロッシントン

Free Bird (feat. Ronnie Van Zant with special guests Gary Rossington, Artimus Pyle and The Artimus Pyle Band)

wikiより

ロニー・ヴァン・ザント (Ronnie Van Zant) - ヴォーカル(1964年 - 1977年、1977年飛行機事故により29歳で死去)
ゲイリー・ロッシントン (Gary Rossington) - ギター(1964年 - 1977年、2023年に死去)

2人ともお亡くなりになっています

また、最後の曲『フリー・バード』に参加したレーナード・スキナードのギタリストのゲイリー・ロッシントンは同曲をレコーディング後、今年3月に他界した。

なんということでしょうか

思いとともに聴かせていただきます

Artimus Pyle

こちらも、一時期レーナード・スキナードのドラマーだった方ですね

ありがとうございます

なんともいえないです

この曲自体が

1971年に死去したデュアン・オールマンに捧げられた曲である

とあり、

さらにレーナード・スキナードには飛行機事故をはじめとする哀しいことが多く

この曲に関してもなにか特別なものを感じます

さあ、いよいよリリースですね

ここまで書いてきて、これでもか!というほどの共演者のすごさに息をのみました

ビートルズの「レット・イット・ビー」のカバーでポールとリンゴのふたりともを呼べる人は、そうは多くないはずですよね

www.aiaoko.com

ドリー・パートンって、ほんとうにアメリカでは巨大なスターなんだなあ

人格者でもあるんだなあ

あさっての「新作」が楽しみです

今日もいい一日をお過ごしくださいね