あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

【QUEEN 50周年展】DON'T STOP ME NOW、ファッションもクイーン・グッズも

f:id:AIaoko:20211128000630j:image

昨日まで、さんざんビートルズのことばかり熱狂的に語ってきたのに、

今日はクイーンなのかい?!

ビートルズが解散した→次はyesだ→女子中学生にはアイドルも必要だ→それはクイーンのロジャーの顔とフレディの体だ!

シンプルに言うと、こういう構図になりました

大人になった今は、イエスの面々も、そりゃあ素敵だと分かります

でもね、女子中学生というのは、少女漫画の世界の(女みたいな)顔、どこの王子様かと思うような、ピタピタのパンツの似合う細身で脚長の体型、

そんなものに憧れていたわけです

つまり、ロックの世界ではクイーンでしたよね

お金がないのでラジオと友達のレコードが頼り、でもミュージックライフだけは必ず買う、見る!

音楽そのものの内容は、やはり、ビートルズとイエスがダントツの好みでした

けれど、ミュージックライフに載るロジャーの顔には、毎回、うっとりとしていたかと記憶しています

そうそう、脚が異様にまっすぐで長いクラプトンとパティ(ビートルズのジョージの元奥さん)の写真にも、目が釘づけ

なんのことはないジーンズなのに、かっこいいなあと

クイーンも50周年?!

クイーンの人気も日本発というのは、日本の女の子たちの誇りですよね^_^

秀樹、ひろみ、五郎の人気も高かったけれど、

洋楽派の女子中学生は、やはり、クイーンでしたよね?

おまけに、音楽的にもこれは凄い!とすぐに分かりました

バカにするなかれ、日本のミーハーな女の子ども達の嗅覚^_^

人混みの渋谷へクイーンに会いに行く

オススメの記事を読ませていただきまして、

大の苦手の、人の多い場所なのに、行きたい!と背中を押していただきました

行けてよかったです^_^

大音響のなか、あれも、これも、懐かしいものばかり

なんだかんだと長時間いすわって楽しんでしまいました

最後にはお楽しみの物販もあり、親子でTシャツなど買えた喜び

こんなに充実した50周年を迎えられたのも、大ヒットした映画のおかげだよなあと思いました

ロックと映画

そういえば、ロックと映画という組み合わせも、

ビートルズの各作品にはじまり、

解散後のジョージのバングラデシュ・コンサート、

ロックミュージカル、ジーザスクライストスーパースター、

ロックオペラ、トミー、

いろいろありましたよね

昔の映画館って、今のように清潔で快適な場所ではなかったのだけれど、

入替制でないのをいいことに、一日中いたりしませんでしたか?

ロックとファッション

前回までのビートルズのファッションもそうですが、

クイーンのファッションも含めて、

カラフルで自由でいいですよね

男も女も色遣いが綺麗

映画「ビートルズ:ゲットバック」の中でのリンゴとジョージのファッションがことに可愛かったです

ジョージがスタッフにボウタイを買ってきてと頼むシーンのオシャレさ

同じく、靴屋にはずっと行けないから、サイズ8の靴を買ってきてと頼むシーンのスターの辛さ(靴だけは試着して買わないと痛いよね)

と、脱線しましたが、フレディのプリーツの白い服の展示とデザイナーのビデオが、とても面白かったです

マークボランとか、デヴィッドボウイとか思い出します

そうすると、流れでスラッシュのお母さんが衣装デザイナーだったことも思い出すし、

それに伴って、デヴィッド・ボウイが一時期、スラッシュ母子と一緒に暮らしていた話も思い出します

ロックとファッションって、関わりが深いですよね

クラシックの白黒ずくめの服装も素敵だけれど、

ロックの派手派手なファッションも楽しい

そう思います

ありがとうございます

一時期、家で動画が見られる喜びにハマり、クイーンのロジャーの姿をyoutube上で追っかけのように見たことがあります

まるで西洋人形のように可愛いですよね、若き日のロジャー

しかも話し声と語りがマイルドで、人柄もよく

けなしどころがない!

ロジャーの子供たちも、みな可愛いなあとか

どこまでもオタク道を進む自分が怖いです

ということで

クイーン展、あの時代にクイーンがお好きだったお仲間さん達にオススメでした

ロックもファッションも楽しいですよね

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね