あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

基本の純白?/ まんまの性格を認めて幸せ / ビートルズ「ハニー・パイ」The Beatles (Honey Pie)

f:id:AIaoko:20210331104412j:image

自分の「ベースカラー」は純白?!

f:id:AIaoko:20210331104032j:image

ミニマリスト?をめざしている人ばかりでなく

 

たくさんの服をもつ普通の方たちも

 

自分の「ベーシックカラー」というのが

ハッキリとしていると

 

似合うし

好きな色を次々と合わせやすいし

 

毎日が

幸せな気持ちになりますよね

^_^

 

まずは

自分の基本の色

「ベースカラー」を決めてしまおう!

ということで

 

いきなりですが、

白の中でも雑味のない真っ白

「純白」は似合いますか?

 

写真は、夫のワイシャツを拝借しましたw

 

そう!

男の方は

ワイシャツの白で、すでにお気づきかも?

 

白といっても

真っ白!の似合う方

黄味のはいったオフホワイトが似合う方

赤味のはいったオフホワイトが似合う方

 

得意、不得意がありますよね?

 

わからない場合は

上の写真のマネキンならぬ

自分の顔の下に

ガバッと当ててみれば

 

速攻で、わかります

^_^

 

真っ白が

似合う人

似合わない人

 

私は、顔がくすんで見えます

えええええーーーーー

 

でもね、大丈夫

 

「ベースカラー」は純白だけではないですからね

^_^

 

今日はとりあえず

自分が「純白」が似合うか、

似合わないかだけ

実験してみましょう

^_^

 

身近な人に

見てもらうのが

1番いいかもしれませんね

^_^

純白は、お似合いですか?

 

「そのままの性格」を認めて幸せ

1年前の、

クロニンジャーの性質とキャラクターの話、

読んでいただけましたか?^_^

https://www.aiaoko.com/entry/seikakutokuse

クロニンジャー↑

かなり面白いです

 

「自分の性格」は

好きであろうと、嫌いであろうと

 

「生まれつき」のもので、

変えられない性質と

 

「環境」によってできたもので、

変えられるキャラクターとがあって

 

2つ合わせて、

いわゆる「性格」なんだよ

 

と言われてみれば、

 

生まれつきの

変えたくても変えられないほうの性質は

 

好きじゃなくても

しかたがないよね、

その性格の中で、そこそこ頑張ってるよね、自分^_^

 

「そのままの自分」を愛しむ気持ちも出てきますよね

 

一方の

 

環境によってできたキャラクターの方は

 

もしも、

それが嫌ならば

「習慣」でできたようなものなんですから

 

うん!

文句ばかり言うのはやめてみよう

とか

悪口は言わないようにしよう

とか

ありがとうをもっと言おう

とか

 

いくらでも

毎日

変えていけるものは

ありますよね

 

クロニンジャー↑でいうと

自分の持って生まれた「性質」は

どんなかんじですか?

 

知ってみれば

 

そうか、そうか、

あがいても

無理して違う人のフリをしても

ダメだよねー

 

それより

この性格のままで

頑張っていて

えらいよね、自分w

 

と、

すこしだけでも

自分に対して優しくなれませんか?

 

「まんまの自分」を

まんまで認めてあげる

 

大切なことですよね

 

いつだって

自分だけは

頑張っている自分の応援団です

^_^

 

ビートルズ「ハニー・パイ」

さてさて

ビートルズのアルバム「ホワイト・アルバム」の中から

今日は、ハニーパイですよ

 

もうひとつの

「ワイルド・ハニー・パイ」の方が

とても印象的で

 

あれ?こっちの「ハニーパイ」の方は

どんなんだったかな?

と思いましたが

 

聞けば、これこれ、

思い出しますw

https://m.youtube.com/watch?v=1ELUBYZ61o4

 

この古めかしい曲

今、聴くと

大好きだった映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を連想します

 

映像も浮かび上がるなあ

 

また観たい映画です

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

ご覧になりましたか?

^_^

 

ありがとうございます

我が家の90代のじいちゃんこと父を

 

そのまま

受け入れることができるまでに

ずいぶん時間がかかりました

 

反対に言うと

そのままの父を

そのまま受け入れることができるようになるまで

「生きていてくれて、ありがとう」

と思っています

^_^

 

子供たちに対しても同じです

 

生まれてきたままの

演技などしない、そのままの子供たちを

 

そのままに受け入れるようになるまで

時間がかかりました

 

そんな

できの悪い母ちゃんのもとで

 

よくぞ、ここまで育ってくれたと

感謝の気持ちでいっぱいです

 

自分に対しても

そうですよね

 

いろいろと

自分に対する不満というものは

あるけれど

 

その

まんまの自分を

まんまで認めてあげなくて

 

誰が認めてくれるんだい???

 

自分くらいは

まんまの自分を

認めてあげようよね

^_^

 

と、

優しい気持ちで

今日くらいはスタートしてみませんか?

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね