あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

高見沢俊彦さんとアルフィーと夢を叶えること

f:id:AIaoko:20230417185225j:image

高見沢俊彦(高見澤俊彦)さんの夢

唐突ですが、こんな記事を読みました

reminder.top

若い時には、その「王子様ルックス」が苦手でした

なんだか照れるじゃないですか?!

60代になった今は、王子様ステキと

素直に言えます

年を重ねるのはいいことですよね

高見沢俊彦さんの「夢」の話です

そうか、

「作家」になりたかったんですね

ミュージシャンとは異なる部位の「脳」をつかう作家業

しかも、内容は「自分の好きなオタク要素てんこもり!」という、

食いつきどころが満載で、

さっそくに私も記事を書いているくらいステキです

あなたの夢、私の夢

高見沢さんだって、60代後半にして夢を叶えたわけですよね

職業はミュージシャン

夢は作家になること!

みなさまの「夢」はなんですか?

私の場合は、

職業「両親の介護、障がいも病気もある子供たちのサポート、夫の親友兼主婦業」で、

そして「夢」はですね

  • 作家(高見沢さんのマネではないですが、世界の旅、ロック、ファッション、食べること、病気・障がい話と「私のオタクな世界」てんこ盛りがいいなあ)

私のことをよく知る家族は、お母さんは話が突拍子もなくて面白い、語りが大げさでおかしい、ゆえに、

  • 老人ホーム、病院、施設、学校、図書館などを訪れる「語り部」になるがよい!

そう決めているようです

でもね、

本人は「一対一」の人との対話は大好物なんですが、

「多数のなかのひとり」「集団」という人づきあいが、これはもう「大の苦手」なんですよ

汗が出ます、悪い汗が。。。

というわけで、

わたしの「夢」は孤独な作業を好む「作家」に決定♪

絵を描くのも

曲を作ったり演奏したりするのも好きなので(歌はひどく音痴です。。。)

私の作品にはもれなく自作の「表紙絵」と「BGM」もついてくるという「迷惑な本」がいいなあ

^^

夢を語るのって楽しいですね

なんといっても、私の目標はグランマ・モーゼスでしたから

主婦業しかしたことがないけれど、夢をあきらめることなんてないのです

気合いだよ!気合!!!

^^

ありがとうございます

先日、夫とイタリアの映画「神様の思し召し」を観ました

ネタバレにならないように言うと、主人公の夫に妻が涙と怒りとでぶつけた言葉が

「あれ?!この言葉、どこかで、ここ3年くらい前に聞いたことがあるよね?!」

というものでした

それは私です

大好きな家族

自ら望んでやっている主婦業

けれど、

そんなわたしにも「とても個人的な夢」はあったんだよ♪

という、そこからきた涙と怒りでした

そこから3年、

私はこの「ブログ」という場をもつことが出来ました

家族のために生きる人生、万歳!です

でもいっぽうで、

私だけの自分を生きる人生も、万歳!なんです

作家なんていう「夢」に到達できなくとも、

いま私はとても幸せです

高見沢さんの記事を読ませていただいて、気がつきました

もしかして、長生きできるかもしれないけれど、

もしかして、難しい病気ゆえ、今日明日にも死んでしまったとしても、

わたしは、しあわせだよ======

そのことを、

家族全員にも、

友人たちにも、

日々、お世話になっている様々な方たちにも、

感謝の気持ちをつたえたくて、

ありがとうと言いたくて、

この記事を書きました

 

高見沢さん、素敵な生き方をありがとう

上記の記事のライターの方、素敵な記事をありがとう

そして、今、

この記事を読んでくださっているみなさまに、

ありがとう♪

 

嬉しいです

自分だけの個人的な「場所」がもてて、嬉しいです

みなさまには、どんな夢がありますか?

今日も笑顔で、いい1日をお過ごしくださいね