あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

ジョージ・ハリスンの妻が語る:ビートルズの新曲「Now And Then」とジョージの不思議な(時計の)エピソード

f:id:AIaoko:20231122111706j:image

ジョージ・ハリスンの天国からの伝言?「Now And Then」時計の逸話

なんだか、家族やメンバーや友人やファンならば

きっとじんとくるジョージと「ナウ・アンド・ゼン」の話です

コチラの記事です

amass.jp

更新 ジョージの命日11月29日に妻オリヴィアの言葉をふたたび

やはり、心が震えます

コチラですね

オリヴィアの声です

youtube.com

youtu.be

ジョージの愛妻オリヴィア・ハリスンについてはコチラもよろしければ

www.aiaoko.com

ヨーコが「For Paul」と書かれたジョンの「カセットテープ」を3人に渡したことから始まった

今回のビートルズの新曲は、

もともとは、ジョン亡き後に妻のヨーコが

「For Paul」と書かれたカセットテープがあることを伝えて、それを手渡したところから始まりましたよね

そこから「ビートルズ」としての新曲が、今回のものを含めて3曲できることになりましたよね

ジョンは残念ながら、もう語ることができないけれど、

ジョンの妻のヨーコと息子のショーンにとっては、ビートルズとしての曲になって嬉しかった

きっとジョンも喜んでくれるはず

テープの音質の悪さが理由で反対していたジョージ、その妻オリヴィアが新作に賛成した理由

上記の記事は、なんとも不思議なエピソードですよね

そんなの偶然だよ

そう感じる方も、もちろんたくさんいらっしゃるはずです

でもね、

家族ならば、なんだかメッセージのように感じてしまいますよね

カセットテープの音が悪かったから反対していたけれど、

音がよくなったならば「Now And Then」の曲、先に進んでいいよ

そんなジョージの声が聞こえたような気すらしますよね

ポールからの電話に立ちつくすオリヴィアの姿が浮かぶようです

ジョージの笑顔も見えるかのようです

ありがとうございます

私個人が、家族が大好きで、ビートルズが大好きな、かなりセンチメンタルな人なもので、

今回のエピソードにジーンときてしまいました

ジョージーーーー!という気持ちです

ジョン本人の承諾がない曲を「ビートルズの曲」とは認めたくないという方たちの気持ちも、とてもよく分かります

一方で、

  • For Paul と書かれていたというジョンのカセットテープ
  • その中にあった「Now And  Then」という曲の歌詞の意味

さらに、

  • ただひとり音質に不満で「Now And Then」の1990年代のリリースに反対していたジョージの時計の逸話

こういうものを知ると、

残されたポールとリンゴ、そしてジョンとジョージの家族たちが「ビートルズの曲」として完成させたかった気持ちが伝わってくる気がします

メンバー4人の深い関係

それを知っている家族の愛

そういうものを感じるから、ますます新曲「ナウ・アンド・ゼン」は

切なく、私たちの心にも響くのではないでしょうか

ジョンがポールに託してくれた曲を

ジョージが残してくれたギターの音とともに

現在の技術と、ポールとリンゴの諦めなかった心に感謝して

今日も聴かせてもらいますね

youtu.be

みなさまも、どうぞ

今日もいい一日をお過ごしくださいね