あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

幸せを感じるために着る【I Need You】ビートルズのアルバム「ヘルプ!」の「アイ・ニード・ユー 」

f:id:AIaoko:20210627175026j:image

毎日の服に何を求めていますか?

清潔

快適

TPO

少しでも痩せてみえる

ウキウキ

マウンティングなんていう方も、いらっしゃいますか?

^_^

そこは、人それぞれですよね

 

けれど、どんなことを求めていても、必ずつながるのが「幸せな気持ちでいたい」というところではないでしょうか

清潔、健康は、幸せな気持ちの素

快適、居心地がいいのも、幸せな気持ちの素

TPOにあっていて、収まりがいいのも、幸せな気持ちのもと

スタイルよく見えるのも、幸せな気持ちの素

ウキウキするのも、幸せな気持ちの素

マウンティングですら、健康なマウンティングであれば、幸せな気持ちの素?なのかもしれませんね

 

反対に言えば、

「幸せな気持ちになれない服」は、着ない方がいいですよね

清潔、健康を保てない服

快適ではなく、居心地の悪い服

TPOにあっていない服、TPOばかりで好きではない服

スタイルが悪く見える服

ウキウキしない服

マウンティングすることによって哀しくなる服

いろいろと、身に覚えのあることが、たくさんありますよね

^_^

「幸せを感じるために服を着てみる」

という視点をもつのも、たまには、いいと思いませんか?

ビートルズ、ジョージ・ハリスンの「アイ・ニード・ユー」

大好きです

ジョージの曲です

いつものwiki詣、やはりパティ・ボイドのことを歌ったとありますね

そして、ジョージがなくなって1年後にジョージを好きな仲間が集まり「コンサート・フォー・ジョージ」を行った時、

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズがこの曲を演奏した話を前に書きましたが、

【Concert for George】1年後の追悼「コンサート・フォー・ジョージ」ダー二&オリヴィア・ハリスンとエリック・クラプトンが集めたジョージ・ハリスンの仲間たち / ファッションと音楽 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

トム・ペティが上を向きながら、この歌詞を歌う時、ジョージにむかって、みんなジョージを必要としているんだよと語りかけているかのようで、これは、ちょっと胸にくる演奏でした

そのトム・ペティも今は、もういないというのが不思議な気持ちになります

アイ・ニード・ユー 」 ("I Need You")

いい曲です

I Need You (Remastered 2009) - YouTube

The Beatles - I Need You (Official Music Video From Help!) - YouTube

1番大切な人は誰ですか?

コロナの世の中がやってきて、このブログを書き始めた「1番最初の記事」です

自己紹介と、いつも考えていることです

^_^

あらためまして、はじめまして、一番大切な人は誰ですか? - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

私個人にとっては、コロナは、自分にとって「大切な人は誰なのか」を教えてくれました

学校で、職場で、ご近所で、親戚縁戚関係で、

みんなに「いい顔」を見せていて、「1番大切なひとたち」に、本音を語ったり、ちゃんと話を聞いたり出来ていなかったと気がつきました

この1年以上の時とともに、私と、私が大切だと思う人たちとの関係は、とても変わったと思います

 

辛い時もあったけれど

ずいぶんと風通しがよくなったよね?

^_^

人と人との関係は「あたたかい気持ち」で素直につくり上げていくものなのかもしれませんね

 

みなさんにも、コロナがきて、良くなったことも、ありましたか?

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃん

日によって時間は変われども、一度は起きて(助けさえあれば)自分で着替えてテーブルでご飯を食べます

食が細くなったとはいえども、(上手に勧めると)ほんの少しは自分でスプーンで、お箸で口にしてくれます

紙パンツのお世話になっているといえども、自分でトイレに行けています

これからの季節、回数は十分とは言えないけれど、お風呂にも私が手伝って入ることができています

 

ギリギリのところでセーフというところでしょうか

ますます痩せてしまい

夜中にソファに座りこんでいたり

転んで立ち上がれなくなっていたり

日中きつくて横になることも増えてきましたが

 

自分で着替えて、食べて、トイレに行って

ギリギリのところでセーフかなあ

 

父も私も子供たちも

ばあちゃんの弱り方に一喜一憂の毎日です

これから何がおこるのか、おこらないのか、誰にもわからない

それぞれが、ばあちゃんという人を必要としているんですよね

まさに、今日の曲と同じ「アイ・ニード・ユー」

だから、一喜一憂

 

私の時は、「そんな感じ」にはならないだろうなあ

みなさんは、「そんな感じ」になれそうですか?

^_^

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね