あい青子のどんな時も「幸せを感じる」方法24

認知症、障害、癌といろいろあっても「幸せな気持ち」になれたヒント集です。少しでもお役に立てたなら嬉しいです

幸せなダイエット!食べたもので体はできている?

今回はもふくめて

を作っているのはあなたが食べたものという話です

 

ダイエットはされたことがありますか?女性なら、ありそうですよね

最近は、男性もダイエット(食べ物)や筋トレ、有酸素運動に詳しい方が多いですね

 

私は生きてる年数が長いもので、その時その時、いろんなダイエットをしてきました

結局のところ、食べなければ痩せるのは簡単ですが食べないダイエットをすると

シワ

だんだんと年を取ってきたときにボロボロで後悔することになります!

なぜなら、からだは食べたものでできているからです

私自身も、中学生のころからストレスをかかえては食べまくり(摂食障害ですね)太ってはダイエットし、またストレスで食べまくってはダイエットを繰り返す人生でした

苦しいことは たくさんあるし、それでも生きていかねばならないから、ストレスを食べ物で解決しようという気持ち、すごくわかりますよ

でもね、食べないダイエットはダメですよ!!!

がボロボロ 骨粗しょう症で骨折

があまって 体中たるみまくり

はシワしわ

ももろくなり

はツヤのないボサボサ頭

これでは、ダイエットした意味がないどころか逆効果ですよね

悲惨すぎます

体験者は語るですから、ちゃんと聞いてくださいね

食べ物と幸せの感じ方って関係がものすごく深いです

脳科学ばかりではなく栄養学も進歩してきて

「食べないダイエット」ではなく、「体にいいものを食べるダイエット」がわかってきています

特に要注意なのが

  1. たんぱく質をとらないと 筋肉がなくなり反対に太りやすい体質になりますし 
  2. カルシウムをとらないと 骨や歯が弱くなりますし
  3. 脂質をとらないと 肌がカサカサ、髪もバサバサになってしまいます
  4. 炭水化物もいっさいとらないと ストレスですよ 元気もでません

結局のところ、むかしから言われている

腹八分目にバランスよくたべる

これに いきつくんですね

あれもダメこれもダメと制限をかけすぎるとこころの病気(摂食障害)になってしまいます

幸せをかんじるどころか病気は苦しいです哀しいです

 

無理をして体の病気 心の病気にかからないようにしてくださいね

一食のなかでバランスがとれなくても、

一日の中でバランスをとったり、ある日食べすぎたり、食べなさすぎたりしたら

次の日には気をつけたり

好きなものを我慢しすぎることなく

バカ食いもせずに

幸せを感じながら体にいいもの心にいいものを毎日、食べていけたらいいですよね

この分野が自分自身の最大の弱点だったので、反省すること今ならこうできるという知恵がたくさんあります

食べ物とこころ(幸せ)の関係って奥が深いです

また お話しする機会を作りますね

さあ、とりあえず今日は

体と心にいいものを

ニコニコ楽しみながら幸せを感じながら食べましょうね

生きているからこそ楽しめるし、幸せを感じながら生きていきたいですよね!

 

さて次回は「悩みのもとは人間関係」ですよ