あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

【I've Got A Feeling 】ビートルズ「アイヴ・ガッタ・フィーリング」 / リタイア後のライフスタイルの一例(「ブレイン・ルール 健康な脳が最強の資産である」ジョン・メディナ博士著 をもとに)/

f:id:AIaoko:20210209150702j:image

ビートルズ I've Got A Feeling 「アイヴ・ガッタ・フィーリング」

www.youtube.com

I've Got A Feeling (Remastered 2009) - YouTube

ふつう、「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」をここで貼り付けるはず

なんですが、

アルバム「レットイットビー」の続きの曲ですからね

流れがありますからね

 

ところで、

この曲が聞こえてくると、

ビートルズが解散前の、あの屋上での演奏風景が浮かんできませんか?

 

英国の高い帽子のおまわりさん、

ハシゴを登るお爺さん、

ミニスカートの女の子たち、

ジョン

ポール

ジョージ

リンゴ

かたわらには、オノヨーコさんもいて、

 

忘れられない光景です

小学生だった私にとっては、ビートルズの原風景でした

 

前々回は、

ジョンメディナ博士の強い言葉

「決して引退してはならない」

でしたが、

 

そうは言っても、

様々な事情で、リタイアしなければならない時だってありますよね

 

そんな場合の、お助けの「ライフスタイル」の提案が今回のテーマです

その前にファッションの話、黒のロングコートを手離す

f:id:AIaoko:20210209150708j:image

さて、立春も過ぎて、あとは暖かな日々を待つばかりですよね

日に日に日照時間も長くなり、なんとも幸せな季節です

 

というわけで、

寒い間、活躍してくれたコートの手離しです

こういうロングコート、大好きなんです

 

重かろうが、流行であろうがなかろうが、好きなものは好き!

^_^

 

というわけで、手を替え品を替え、着たおしてきたコートも写真を撮ってから、

ありがとう!と感謝してお別れします

ア・デイ・イン・ザ・ライフ 「リタイア後のライフスタイルの一例」

この提案は、一年ほど前に、夫から受けました

ジョン・メディナ博士の真新しい本「ブレイン・ルール」を読み終わったばかりの夫は、

これからの私たち夫婦の1日は、

こんな風に過ごしていくといいねと語ったんです

 

曰く(夫が変え、さらに私が変えています。オリジナルは本「ブレインルール」をご覧ください)

  • 朝おきて一番に、昨晩書いたメモ(後述)を読んで笑顔になる
  • 朝食はコーヒーだけ( 食事時間をあける夫オリジナル部分)
  • その後15分間の瞑想、マインドフルネス
  • 2人で、または友人と、話しながら30分ほどウォーキング
  • 午前の前半 「学ぶ」( 語学でも何でも)
  • 午前の後半 「教える」( 語学でも何でも)(ボランティア)
  • 昼食は、卵と野菜をたっぷりにオリーブオイル、青魚、アーモンドなどナッツ類、チョコレートとコーヒー(我が家流認知症予防)
  • 30分以内の仮眠
  • 午後前半 読書会(友好的な議論!)
  • ちょっとだけ家族や友人たちとメール、フェイスブックなどで交流
  • ちょっとだけコンピューターゲーム(ニューロレーサーのような認知トレーニングもの)
  • ここからは、コーヒーもアルコールも体操もネットもしない
  • 午後の後半 ダンス教室?!?(博士推薦の)
  • 夕食はたっぷりの野菜に少量の肉、キムチ納豆アボガドにブルーベリーとヨーグルト(我が家流)
  • 午後7時 タイムマシンの時間( 部屋のコーナーは昔の物ばかり→新聞、本、雑誌、テレビ番組、映画、レコード、DVD、ポスター、飾り物、家族や友人の若い時の写真、昔つけてた香水、懐かしいデザート(ぼんち揚?)そしてそのコーナーで、昔読んだ「大好きだった本」を3時間半以上!読む
  • 寝る前に「今日、嬉しかったこと3つと、それが起きた理由を書く」
  • 眠くなったら寝る(起きてすぐに読むのが↑この幸せなメモ!)

 

感想

このライフスタイル、

人生の中の一日、

いかがですか???

 

うんざり?w

気が狂った感じ?^_^

 

実はね、

初めてこのスケジュール(ライフスタイル)を夫から聞かされた時、

上記のように思ったのは、わたし、です

^_^

 

勘弁してくださいよーーーーー

というのが、正直な感想でした

 

で、ですよ

自己流のタイムマシン(このブログ)で、毎日、10歳から20歳前後の世界へワープする毎日を1年弱の間、送っていたわけですが、

 

今ね、

夫オススメの「ブレインルール」という本を読み終えた結果、

 

「これは、いいよ!」

 

と思う自分がいるという衝撃

 

ま、まさかの変身???

 

本当にその「ライフスタイル」を作るのか?

それとも、

「生涯現役」でリタイアせずに働き続けるのか???

 

どっちがラクで、

どっちが楽しいか、

よく考えてみてくださいね

私も、じっくりと考えてみますね

^_^

 

 

ありがとうございます

思えば遠くへきたものだ

というのは、

若き日に出会って、お金もなくて、仕事もなくて、なあんにもない、

というところからスタートした私たち夫婦の「合言葉」のようなものです

 

2人だけでいろんな場所に出かけ、暮らしていたのが、

家族それぞれに、いろいろあって、

今、90代のじいちゃんと、認知症のばあちゃんと、2人の子供たちと

にぎやかに6人で暮らす毎日

 

人生って、何がおこるかわからなくて、

だからこそ、最後の日まで、わくわくがあるのだと思います

 

大きなことも小さなことも楽しもう

 

昔の思い出も、今日の今も、楽しもう

 

認知症の母をみていて、教えてもらえることが、たくさんあります

夜毎の寝言ですら、「笑い声」から始まるんです (こわいですか?)

私もそんなバアさんになりたいなあ

^_^

 

さて、さて、

「追憶の部屋」は作りますか?

そこに何を置きますか?

リタイアのライフスタイルにしますか?それとも、生涯現役にしますか???

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね