あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

ピンク上中下比較/笑顔が脳をだまして幸せな気持ちにしてくれる/ Martha My Dear (The Beatles) /

f:id:AIaoko:20210227134707j:image

 1年前の3月16日の記事「笑顔が脳をだまして幸せな気持ちにしてくれる」

https://www.aiaoko.com/entry/egao

こちらが1年前の今日の記事です

ブログを始めて3日め

だーれも読んでくれる人のいない記事だったんですね

でも、気合いだけは、はいってます

^_^

 

笑い顔をつくると幸せな気持ちになる

にわかには信じがたいが

ホンモノである「実験結果」が、「脳科学」の世界にはたくさんあります

 

脳科学者の先生たちの「学会」「専門書」の話題だけにしておくのは、

もったいない!!!

 

こういう「話題」こそ、

しもじもの、困っている「普通のわたしたち」に、届けてほしい♪

 

「笑顔を機械的につくるだけで、幸せな気持ちになる」というのは、

これは、

私も日々実感していますよ

^^

「怖い顔」をしていると、嫌な気持ちになるし、

「ニコニコ」しているだけで、いい気持ちになります

 

つかわなくちゃ、ソン、損!ですよね

^^

 でもね、

嬉しくも楽しくもないのに、「笑顔」なんて作れないよ~という方は、

コチラをどうぞ♪

私が読者登録させていただいている少納言 (id:syounagon)さんの記事「笑いヨガ」です

https://syounagon.hatenablog.com/entry/2021/03/06/120642

 

 毎日、笑いヨガをしているうちに、きっと、笑顔が自然に出るようになりますよね

 少納言さん、先生、ありがとうございます

^_^

 

毎日を不愉快な気分で過ごしたい!というひとは、なかなかいないと思います

愉快な気分のほうがいいのに、そうはいかず、不愉快な気分

 

自分に押し寄せてくる「不愉快の素」を退けることが難しいなら

自分のほうが「愉快の素」すなわち「笑顔」を作っちゃいましょう

 

生きてると、困難だらけだけれど、

それでも生きてるだけで素晴らしい!

自分が癌になって学んだことです

 

せっかくいただいた命、

笑顔で、ご機嫌に、愉快に、過ごしていきたいなあ

 

不機嫌に生きてたら

もったいない♪

もったいない♪ ですよね

^_^

 

ピンク比較トップス、ボトムス、全身

f:id:AIaoko:20210303140655j:imagef:id:AIaoko:20210303140706j:imagef:id:AIaoko:20210303140718j:plain

濃いピンク、フクシアは、日本ではなかなか手に入らない色ですよね

綺麗な色なのに、なぜかな?

 

アメリカとヨーロッパで暮らしてみて

日本人はいいところがいっぱいあるけれど、

ひとつ「他人(ひと)の目を気にしすぎて、不幸せ」と気がつきました

 

「イタい」という言葉がありますよね

50代として60代として「イタくない服装」「イタいひと!?」

 

なんだかね、窮屈だし、ちょっぴり意地悪かなあと感じるのは私だけ???

 

しつけのいい子供

きちんとしたお嬢さん

可愛らしい女性

仕事のできるオンナ

良き妻

素敵なお母さん

 

いやいや、いったい「いくつの顔」を要求されながら生きてきたんでしょうね、

私たち日本の女は ^^

 

should    ~するべき

must      ~しなければいけない

こんな言葉にがんじがらめになって

 

like                  ~好き

want to           ~したい

こんな言葉を忘れてしまっていたのが

私たち日本の女たちじゃありませんか

^^

 

もういいよ~~~~

これからの人生、

服くらい「自分の好きなもの」を自由に着て生きていきたいよ~~~~~

 

https://www.aiaoko.com/entry/music_fashion

 

50代60代くらいから似合ってくるものに

派手な色、綺麗な色など

若い時には気恥ずかしかった色もありますよね

^_^

 

明るい色を着だしたらオバサン、オバアサンの証拠と言われても

気にしない♪

気にしない♪

^_^

 

 

目立たない色、地味な色が、本当に「お好きな色」なら

何の問題もありませんよね

その「好きな色」を着ましょう

 

同じように、目立つ色、派手な色が本当は「お好きな色」なら

思いきって着てみませんか?

きっとお似合いですよ

きっとワクワクしますよ

^_^

笑顔が一番♪ ですよね

 

ビートルズ「マーサ・マイ・ディア」

Martha My Dear (Remastered 2009) - YouTube

 

「バック・イン・ザ・USSR」とか「ヘルター・スケルター」とか、ハードなビートルズも大好きなのだけれど、

 

合間合間に、ほのぼの系の、なんともいえずいい曲がありますよね

「マーサ・マイ・ディア」も、小粒だけれど、いい曲だなあと思いながら

 

いつもの「Wikipedia詣」をしました

 

え?!

マーサって、ポール(マッカートニー)の飼っていた犬のことだったの???

 

ポールのピアノって、独学だったの??

(エディ・ヴァンヘイレンのジャンプ!みたいですよね)

 

本当に今のネットの世の中は面白いです

どこまでも、興味を追求して行けるかんじ

オタク道、まっしぐら!

^_^

 

歌詞はわからなくとも、この優しい古典的なムードの曲に癒されていたのを思い出しました

とても、ポールらしい曲ですよね

^_^

 

ありがとうございます

笑顔にしても

半身麻痺のリハビリの鏡にしても

(1年前の記事の話です↑)

 

そんなことで、「脳」が騙されて

幸せな気持ちになったり

リハビリが進んだりするのなら

 

もう、やるしかないよね?!

^_^

 

目の錯覚で素敵に見えるのがファッションなら、

つかうしかないよね?!

^_^

 

猫ちゃん、ワンちゃんで

こんなにも幸せになれるなら

ともに暮らしたいよね?!

 

世の中には、たくさんの「幸せのタネ」があって、

あとは、それを見つけるだけですよね

 

どんなタネを見つけて

大きく育てているところですか?

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね