あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

【Here, There and Everywhere】ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア The Beatles(リボルバー )で認知症の予防と対策

f:id:AIaoko:20210506142856j:image

ビートルズの「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」については、ずっと下のほうです

 

 

認知症の母の介護の合間に

「10歳から20歳前後の間に大好きだった曲のリスト作り」をしています

認知症に効果がある「大好きだった音楽(曲)」を聴く」という方法を

将来の自分に実践するためです

 

ファッション

暑くなったり、また寒くなったり、激しいですね

体調は壊されていませんか?

 

冷房に暖房

除湿器に加湿器

ほんとうに、高齢者(我が家は90歳越えの二人がいます)にとっては

もう、自分たちではコントロール不能な世界です

ジメッとした日に加湿器稼働とかアルアルです

 

ファッションは、元気が出るビタミンのようなものだと思います

服ひとつで、機嫌がよくなれるなんて魔法ですよね

 

そして、ファッションは

健康を守ってくれる大切なものでもあります

 

脱ぎ着しやすく

体温調整が簡単で

お家でお洗濯できるから

いつでも清潔

 

ほんとうに、有難い存在ですよね

 

おまけに

上手に選べば、着やせして見えるって

ファッション様さまです^^

 

https://www.aiaoko.com/entry/2months

な~んにも分からないままブログに突入した去年の記事です

たったの1年で

私の「こころ」は、ぱっと晴れました

 

読んでくださる方のおかげです

ありがとうございます

 

今日も、ストールなどで調節しながら

体調を崩さないように

^^

 

Here, There And Everywhere(リボルバー)

https://m.youtube.com/watch?v=xdcSFVXd3MU&list=OLAK5uy_n9q-ezB2RZF1WS7PR3h3drrTgNCf-DRSk&index=5

 

いい曲ですよね〜

なんとも優しくて

こういうバラエティがビートルズのよさのひとつですよね

 

ところで、タイトルに

「エヴリホエア」とあるんですよね

 

ホエン

ホエア

ホワット

とカタカナで覚えませんでしたか?

英語の発音の話です

^_^

 

この昭和のカタカナ英語教育で

その後、どんなに苦労したことかw

 

ビートルズが好きだった小中学生だったおかげで

学校の英語は、そこそこ得?をしましたが

 

その後の人生

アメリカでもヨーロッパでも

自分の発音は苦戦の連続でした 汗

 

カタカナ英語だよ

 

ドライブスルーで通じない

「何言ってるか分かんないから、こっちに来て」と言われる時の悲しさよーーーーー

 

ビートルズを聴いていたって

学校でその発音のマネをしてたら

何カッコつけてと

浮いてたと思います

 

帰国子女が

英語の時間に逆に「苦労」していたのも

見ていて切なかったです

その子も先生もです

昭和でした

 

脱線、脱線、

ポールの曲ですね

素敵な曲です

 

ヒア・ゼア・アンド・エヴリウェアと

せめて書いてみましょうか

^_^

 

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃん

 

本当に調子の悪いときは

「動き」もおかしいし

「目」も見えていない様子だし

「耳」も聞こえていないのか

反応も変です

 

子供たちも

「今度こそダメかも分からない」と

覚悟を決めているところがあります

 

ところが

翌日になると

ヨボヨボでヨチヨチではあるけれど

ちゃんと歩けるし

景色も楽しめるし

よく話せます

 

なんなのかなあ

 

いずれにしても

ばあちゃんが元気なのが1番

 

じいちゃんも喜ぶし

私たち、みんなが嬉しい

 

こんな日々が、1日も長く続きますようにというのが

家族の願いです

 

 

みなさんの、毎日の願いってどんなことですか

 

今日もいい1日をお過ごしくださいね