あい青子の「大好きだった曲」と「服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

子ども達と観たピクサーの映画はありますか? ピクサーの映画は、どれがお好きですか?

f:id:AIaoko:20200907090659j:image

子どもたちと観た映画や、映画音楽も、かなり私の「認知症の予防と対策」に効果がありそうな予感がするので、

前回のディズニーの映画に続いて、

今回はピクサーの映画の話です

 

初めていらっしゃったかたへ

あい青子です

認知症の母と、90代の父と、障害もあるこどもと6人家族で暮らしています

そんな毎日のなかで、

自分自身も「認知症の予防と対策」をしなくては、大変なことになる、

と気がつきました

 

食事や、運動、脳をつかうこと、好きなことをすること、

などなど他にもしていることはありますが、

これだ!と思ったのが、私の場合は

「10歳から20歳前後までの間に、大好きだった曲」を聴くと、

認知症の患者さんたちに、大きな効果が現れるという研究の数々でした

 

ご興味のある方は、こちらもお読みください

www.aiaoko.com

私の場合の一番好きだったビートルズ!はこちらで、

www.aiaoko.com

 ヒット曲から年代別に思い出した「好きだった曲」はこちら

www.aiaoko.com

 そして、今は、

音楽と並んで大好きだった「映画」のなかから

大好きだった「映画音楽」のリストをつくっているところです

 

それに加えて、毎日の服の「制服化」の実験も進めています

ご興味のある方は、こちらもお読みくださいね

www.aiaoko.com

 

イエローのワンピースで気がついた短いベストの手離し

まずは、介護の生活をラクに楽しくしてくれる「毎日の服の制服化」の話です

f:id:AIaoko:20200908154109j:imagef:id:AIaoko:20200908154121j:imagef:id:AIaoko:20200908154235j:image

オレンジのワンピース、パープルのワンピースの時にも、なんとなく感じてはいましたが、

今回のイエローのワンピースで、3つのベストを並べてみて、決心しました

 

一番短いベストは、手離します

今ひとつ似合わないし、お洗濯用のスペアは、一枚で十分ですね

上の写真の2枚を残します

 

イエローのワンピースは、もちろん、手離します

 

一番下に着るワンピースは、夏ですし、お洗濯でヨレますし、枚数が必要でした

イエローのワンピースが、夏前半で、このようにヨレヨレになってしまったもので、かわりに緑のワンピースが活躍しましたので、その話は次回に

 

健忘録です

イエローのワンピースが一番、価格も高かったし、知名度も高いブランドでした

結論は、厚手のリブが一番役に立った!ということです

値段も、ブランド名も、品質には関係なさそうですね^_^

 

ピクサーの映画

さて、(私にとっては認知症対策の)映画の話ですが、改めて調べてビックリ

ピクサーって、ディズニーが所有している会社なんですね

でも、見る側にとっては、ディズニーはディズニー、ピクサーはピクサーなので、今回は、ピクサーの映画の話です

 

ディズニーの映画とビデオと、テレビのディズニーチャンネルと、音楽テープには、実に実にお世話になりました

私が癌で一番苦しかった頃、2人の子供を抱えて、なんとか家族で乗り越えることができたのは、なんといっても、ディズニーのおかげです

子どもを幸せにしてくれる力がありました

そういえば、抗がん剤でツルッ○○になり、その後高校球児のようになった頭で、子供を連れてディズニーランドにも行きました

アメリカならではの思い出です

 

そして、ピクサーの登場です

斬新でしたよね

楽しかったですよね、ピクサー

古い順からお世話になった映画のリストです

  1. トイ・ストーリー
  2. バグズ・ライフ
  3. トイ・ストーリー2
  4. モンスターズ・インク
  5. ファインディング・ニモ
  6. Mr.インクレディブル
  7. カーズ
  8. レミーのおいしいレストラン
  9. カールじいさんの空とぶ家
  10. トイ・ストーリー3
  11. ファインディング・ドリー
  12. トイ・ストーリー4

 

ディズニーに、数こそ負けますが親も子も大好きだった映画がいっぱいです

夢中でした

「トイ・ストーリー3」あたりで、親子でピクサーを観にいくというのは卒業でしたが、

「ファインディング・ドリー」と、「トイ・ストーリー4」は、親である私が子どもに頼んで、一緒に映画館につきあってもらって観てきました

ひとりでは、恥ずかしかったんです

 

ファインディング・ドリーのドリーは、まるで認知症の私のようです

身につまされます

でもね、2作とも行って良かったです

「子育ての思い出」が走馬灯のようです

涙なしには観られません

 

ピクサーってね、子ども達を映画館に連れてくる親たち、ビデオを買って子どもに観せてくれる親たちのことを、とてもとても大切にしてくれるんですよね

まさに、OMOTENASHI です

 

ピクサーを見続けるのは、子ども本人じゃなくて、もしかして親なのかもしれませんね

トイ・ストーリーに代表される、親思いのピクサーに、ありがとうございますと言いたいです

 

番外編

ピクサーではないけれど

子供と観た映画で私が強烈にハマった映画がジョニー・デップの「チャーリーとチョコレート工場」です

 

ジョニー・デップもいい!

ウンパ・ルンパ?!もいい!!

そして映画音楽が最高にいい!!!

 

馬鹿みたいになんですが、子供は「いらない」と言うのに、

私がそのサウンドトラックを何度も聴きたいがために、映画のDVDを買ってしまったと言う、「チャーリーとチョコレート工場」は、とんでもない映画でした

 

あの映画に出てくる「甘やかされた女の子がリス達に突き落とされる曲」は、ぜひぜひ、認知症になった私に聴かせて欲しいと思います

あの1960年代テイストな曲、ジョージ・ハリスン風味な曲を聴かせてもらえれば、何か!が起こると期待します

 

ありがとうございます

1作1作、その「映画音楽」についても語りたくなるピクサーですが、

我が家の認知症のばあちゃんを放置しそうなので、今日はパスします^_^

 

楽しかったですよね

音楽もよかったですよね、ピクサー

いつか、どこがで、

また詳しく話したくてたまりません^_^

 

みなさんは、どの作品がお好きでしたか?

ピクサーの「映画音楽」も思い出されますか?

ほかにも、子ども向けの映画でお好きなものがありましたか???

 

 

今日もいい一日をお過ごしくださいね