あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

洋楽51位から60位のアーティストと2020年「ロックの殿堂入り」はドゥービー・ブラザーズ

f:id:AIaoko:20220510101826j:image

54位 ボストン

ロックの殿堂入り、してませんでした

グラミー賞ならコチラです

【歌詞が哀しい「This Masquerade 」マスカレード】ジョージ・ベンソン(最優秀レコード賞)、レオンラッセル(Song作詞作曲賞ノミネート)、ボストン(新人賞ノミネート)1977年グラミー賞 - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

55位 ドゥービー・ブラザーズ

こちらでしたよね

amass.jp

そして映像

youtu.be

3人とも話す内容も、インテリアや環境も、家族写真も素敵♪です

幸せのお裾分けをもらった気分ですね

認知症になっても忘れられない曲は、やはりこれです

曲名を忘れていても聴かせてください

youtu.be

コチラも

youtu.be

ドゥービーブラザースのグラミー賞はコチラでした

【Billy Joel のHonesty】ビリー・ジョエル「オネスティ」とドゥービー・ブラザーズ(1980年グラミー賞)/ロギンス&メッシーナを思い出す - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

感謝

ありがとうございます

やはりね、

10歳から25歳くらいの間に聴いていた曲は最強だと思います

心のふかーい部分にあって、忘れることなどない

「大好きだった曲」っていいですね

みなさまの、大好きだった曲は見つかりましたか?

今日もいい1日をお過ごしくださいね