あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

ローリング・ストーンズ新作アルバムの広告?ミック・ジャガーは80歳に!チャーリー・ワッツの命日とDancing with Mr. D. 『山羊の頭のスープ』(Goats Head Soup)より

f:id:AIaoko:20230816152335j:image

ローリング・ストーンズの新作アルバムの広告?

コチラの記事ですね

www.barks.jp

広告だとすると、凝ってますよね

ミック・ジャガーも80歳に

元気な80代が続々です

コチラの記事も!

nme-jp.com

チャーリーが亡くなって早、2年

今日が命日なんですね

www.aiaoko.com

たくさんの仲間たちに惜しまれた80歳でした

www.aiaoko.com

チャーリーの日本でのインタビュー記事の紹介

www.aiaoko.com

そして、チャーリーに捧げる新作アルバムへの参加者

www.aiaoko.com

あっという間の2年でしたね

チャーリーのいたローリング・ストーンズ

ということで

今日の1曲に進みますね

"Dancing with Mr. D."

youtu.be

ミック・テイラーの帽子姿に違和感がいっぱい!ですよね

ブートレグで聴く

正式に公式で聴ける、

嬉しいです

youtu.be

観るほうは、アレレの短さですけれど

^_^

ライブで聴く・観る

この曲も、それ以外の曲も、

セットリストとともに沢山載っています

コチラの記事ですね

amass.jp

感謝です

さらに興味深い記事

コチラです

www.udiscovermusic.jp

この部分

「『GOATS HEAD SOUP』は、かなりの鳴り物入りでリリースされた。今、君たちが本などで読んでいる情報とは異なるかもしれないが、1973年当時の子供たちはまだグラム・ロックや、メタル、プログレやフィラデルフィア・ソウルなどに完全に取り込まれていたわけではなかった。そしてそのような彼らが何万枚とアルバムを購入して、このアルバムはアメリカとイギリスで1位になり、5週連続でイギリスのチャートのトップに輝いたアルバムとなったのだ」

1973年、日本の田舎の子供だった私も、

Tレックス、レッド・ツェッペリン、ELP、イエス、スリーディグリーズなど、

雑多な混沌の世界のラジオから、ローリングストーンズの「アンジー」を聴いていました

www.aiaoko.com

とても面白い時代だったと思います

ありがとうございます

さて、

よく「子どもは自分で、親をえらんで生まれてくる」という話も聞きますよね

兄弟姉妹で、天の上?から「じゃあ、後で会おうね」と言っていたとか

面白いけれど、

ホントのところなど誰にもわからない話ですね

^_^

我が家には「障がいもある子ども」が生まれてきてくれました

彼の存在で、我が家はとても楽しく豊かになりました

大変なことももちろんあるけれど幸せ

まさに、そんな感じです

ふりかえると「障がいもある子どもたち」は、それまでも自分の身近にいました

私は小学生の時から学級委員ばかりだったので、机を並べる子は「勉強をみてあげてね」と先生に頼まれる子だったりしました

大学卒業後、ボランティアで「障がいもある子ども達」の水泳のパートナーもしていました

アメリカのホストファミリーには「障がいもある子」がいました

留学先のクラスメイトの家は「障がいもある兄弟」がたくさんの家でした

そして、

我が家にも「障がいもある子」が生まれてきてくれました

もしも、

彼が、わたしたち夫婦を「あの人たち♪」と選んで来てくれたのだったら

嬉しいなあと思います

ヘンテコな夫婦なので相当に「苦労」することも分かっていて、

それでも、「あそこに行ってみよう!」と、きょうだいできてくれたのならば、

もっと嬉しいなあと思います

私と子供が海外で病気になったとことで、

両親たち3人は「大家族」として、ぐっと近しい存在、ありがたい存在となってくれました

まさに、

幸せと不幸せは「コインの裏表」

見方をかえるだけで、

そこにはいつも「幸せ」があるんだよなあと実感します

現在の父と私の日々も同じです

限りがあるからこそ、日々が愛しい

日々が輝く

そういう考え方もできますよね

誰にとっても、人生の日々は有限♪

笑顔だーーーー♪

今日もいい一日をお過ごしくださいね