あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

アイアン・メイデンの名前がロックの殿堂(2023年度)にない

f:id:AIaoko:20230505150202j:image

アイアン・メイデンとロックの殿堂

コチラですね

www.barks.jp

アイアンメイデンも必ず、ロックの殿堂入りしますよね

それがいつになるのかが問題です

ロックの殿堂入りしていないアーティスト

この人たちは早々に選ばれて、

この人たちは何時になったら選ばれるのか?!

という謎が多いのがロックの殿堂です

なにせジャンルも様々ですから、順番待ちが激しいです

古い記事もどうぞ

www.aiaoko.com

みなさまの個人的な

これは、おかしいだろう!のアーティストは誰でしょうか

たくさん、いらっしゃいますよね

ありがとうございます

ロックなのに「ロックの殿堂入り」なんてして、ロック精神としておかしいだろう!

という考え方ももちろんありますよね

受賞を拒否するアーティストも、もちろんいます

でもね、

アーティストも歳をとります

そして、命の先が見えてきたとき、

やはり、自分が子どもだったころに憧れていたロックスターたちが皆そこに居並ぶ「ロックの殿堂」に自分も並びたいと思うのは、

ごく自然な感情だと感じます

^_^

私たちファンも同じ

そこに行けば、子供の頃から大好きだったスターたちを見ることができる

年に一度は、お祭りのように「今年は誰?!」と楽しむことができる

そんなワクワクの場所、存在が「ロックの殿堂」ではないでしょうか

「権威」とかではなく、子供の頃からの「ワクワク」ですね♪

みなさまのワクワクは、誰でしたか?

今年はロックの殿堂入りされたお気に入りがいましたか?

今日もいい一日をお過ごしくださいね