あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

ローリング・ストーンズの新作のドラムは?!チャーリー・ワッツが2曲!代役はスティーブ・ジョーダン!ベースのビル・ワイマンも1曲復活!

f:id:AIaoko:20231021050915j:image

故チャーリー・ワッツ自身が推薦した現在のドラマー、スティーヴ・ジョーダン

こちらでしたね

www.aiaoko.com

チャーリー・ワッツのドラムを再び聴けた喜び「Mess It Up」と「Live by the Sword」

コチラの記事です

nme-jp.com

2021年に短い闘病生活の末に亡くなったチャーリー・ワッツは“Mess It Up”と“Live by the Sword”に生前叩いたドラムが収録されている。チャーリー・ワッツに後任として選ばれたスティーヴ・ジョーダンは残りの曲でドラムを担当している。

www.aiaoko.com

チャーリーのドラムとスティーブ・ジョーダンのドラムの違いをロン・ウッドが語る

2人のドラムの違いについてロニー・ウッドは次のように語っている。「それを語るのに一番いいやり方を知っているよ。チャーリー・ワッツは手数で花火を打ち上げていく感じなんだけど、スティーヴ・ジョーダンは爆弾が爆発する感じなんだ。アルバムを完成させるのにはもう一押しが必要だったんだ」

――こんにちは、ロニー。チャーリー・ワッツが亡くなってから初めてのアルバムです。彼の存在をスタジオで感じることはありましたか?

「ああ、ずっとそうだった。自分は亡くなる前にロンドンの病院でチャーリーに会った最後の人物の一人だった。彼は『この忌まわしい場所を出たいけれど、それまではスティーヴ・ジョーダンに旗を渡してもらえないか?』と言っていた。『心配しないで。全部やっておくから』と言ったら、『分かった。(イタリア人ジョッキーの)フランキー・デットーリをテレビで観るから出て行ってくれ』と彼は言っていた。競馬がチャーリーは大好きだったからね」

最後の言葉がチャーリーらしいですね

ローリング・ストーンズのベース、ビル・ワイマンの現在の復活「Live By The Sword」をロン・ウッドが語る

――“Live By The Sword”ではチャーリー・ワッツとビル・ワイマンというオリジナルのリズム隊が復活していますね。

「プロデューサーのアンドリュー・ワットのアイディアだったんだ。チャーリーのドラム・トラックがあったからね。ビル・ワイマンが弾いてくれた時は自分たちの誰もいなかったんだけど、アンドリュー・ワットによれば、彼と一緒にやれて楽しかったと言っていたよ。彼がビル・ワイマンのためにスタジオの戸締まりをやってくれたんだ」

ビル・ワイマンとチャーリー・ワッツのストーンズを聴けるだなんて、誰が想像したことでしょう!

www.aiaoko.com

ありがとうございます

こんなにみずみずしいストーンズが聴けるなんて!

www.aiaoko.com

本当に80歳のストーンズなの???

ビルもチャーリーも揃って、こんなに嬉しいことはないですよね?

このアルバム、

若い新しいファンにも、古くからのファンにも「お宝」になりそうですね

^^

今日もいい一日をお過ごしくださいね

いい曲ばかりだ~~~~~~