あい青子のどんな時も「幸せを感じる」方法24

認知症、障害、癌といろいろあっても「幸せな気持ち」になれたヒント集です。少しでもお役に立てたなら嬉しいです

ホワイトアルバム!ビートルズで認知症対策/ 赤(ストール)で差し色して手離し後ミニマリスト?

f:id:AIaoko:20200514172758j:image

今回も、

ファッションの話と

音楽(ロック)の話の二本立てです

 

ロック(ビートルズのホワイトアルバム)は、ずっと下の方です↓

よろしくお願いします

 

 

さて、ファッションの話は、

悩む必要のない、制服化したお似合いのベースカラーのワンピースに

これまた似合う色を、差し色としてプラスしてみる、というシリーズです

 

今回は、赤です

赤で差し色した過去のコーディネートは、

年間を通すと、こんな感じです

 

f:id:AIaoko:20200520094601j:plainf:id:AIaoko:20200515142232j:plainf:id:AIaoko:20200526000947j:plainf:id:AIaoko:20200421150827j:plainf:id:AIaoko:20200416200556j:plain

左から、靴、ストール、セーター、帽子、カーディガンで差し色しましたが、

全部はいらないので、セーターと帽子は、今回、手離しになりそうです

帽子は、お正月に「還暦のお祝い」に、ベストとともに使ったベレー帽ですね
ゆるくも楽しいミニマリストをめざして、大好きな帽子も少しずつ手離ししています

 

さて、お似合いのベースカラーは、それぞれに、

グレー

ベージュ

純白、紺、黒のなかから

1番ぴったりするものが見つかるといいですね

 

ここは慎重に、自分のベースカラーを決めて、

あとは、お似合いの丈で、お似合いのネック、形のワンピースを選ぶだけです

 

f:id:AIaoko:20200514202438j:image

私の場合は、

ベースカラーは黒

ワンピースの形はvネックで、ストレートまたはタイト

丈はマキシがベストです

 

でも、全ての条件を満たすものって、めったにありませんよね

特に丈が短いんです

とてもラッキーで、とんでもなく手頃な値段で、ベストな色と形のものを見つけた時には、なんと10枚以上まとめて買ったこともあります

それくらい、条件をすべて満たしてくれるものは少ないです

 

 

さて、制服は毎日ワンピースでOKなのですが、このままでは喪服です

じいちゃん、ばあちゃんと暮らす中で、縁起が悪いので色を足します

 

コントラストが似合う方、なじませるワントーンカラーが似合う方がいらっしゃるので、ここは実験!ですよね

 

オフホワイトのワンピースに鮮やかな春カラー

オフホワイトのワンピースのワントーンコーデ

 

淡いグレーのワンピースに綺麗な薄紫や水色

淡いグレーのワンピースのワントーンコーデ

 

ベージュのワンピースに黄色やオレンジや赤

ベージュから茶までのグラデーションコーデ

 

純白や紺のワンピースに鮮やかな色

純白や紺のワンピースのワントーンコーデ

 

など、いろいろありますが、

どれもこれも、素敵で、見ていてうらやましいのですが、

残念ながら、私の場合は、

 

真っ黒のワンピースに濃い色をプラス

真っ黒のワンピースのワントーンコーデ

この2つの二者択一が、一番似合うし、一番ラクです

悩まなくていい!楽しい気分!というのが、忙しい生活のなかではカナメですよね

f:id:AIaoko:20200514202327j:image

というわけで、今回は、黒のワンピースに赤のストールです

赤は、20代の頃から一番似合う色でしたが、

年とともに、微妙に同じ赤でも少しオレンジよりの濃い赤に、一番はシフトしてきたような気がします

実験!すべては実験ですよね

同居のかたに見てもらうのが一番早いですよ

変なのは速攻、ヘン!と教えてもらえますからね

 

と、ファッションの話は、ついついながくなるので、

つぎは、認知症対策の、「大好きだった音楽のリスト」作りの話に移ります

 

今回は、

ホワイトアルバム!ビートルズですよ

 

小学5.6年生でビートルズに夢中になった時、ビートルズはすでに解散していたという悲劇だったので

子供にできたことは、新しい順にアルバムを、お年玉をつかって買い足していくことだけでした

アビーロード、レットイットビー、ホワイトアルバムというふうにね

f:id:AIaoko:20200514202516j:image

 

f:id:AIaoko:20200514202531j:image

ホワイトアルバムも、アビーロードと同じで、完成品!としてアルバム全部を通しで聴かせてくれると、認知症の脳も活性化しそうです

一曲終わると、次の曲の出だしが、もう頭の中で鳴っています

 

でも、

どうしても時間がないから曲数を減らして!と頼まれたなら、

外せないのは、バック・イン・ザ・U.S.S.R.と

ディア・プルーデンスと、ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスとヘルター・スケルターの4曲ですね

 

ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスについては、こちらもよろしかったらどうぞ

スマートニュースに載せてもらった、私の記念碑的?な記事となりました↓

 

www.aiaoko.com

 

 

 

ジョージの曲はもちろんですが、ポールのバックインザU.S.S.R.とヘルタースケルターは、のちのハードロックへの道を指し示してくれたような存在です

今は、YouTubeでいろんなバンドのヘルタースケルターを聞けるんですが、

20代になってから夢中になったバンドがコピーしているものがゴッソリでてきて、

ただのファンも世界的なロックスターも、この曲から同じように影響を受けたんだなあと、妙に感心してしまいます

スターが身近に感じられます

 

今日は朝から、我が家の認知症のばあちゃんをお風呂に入れて、コロナ後、足が弱くなってるので、散歩にも連れ出して、さすがに疲れました

でも、このブログがあるから大丈夫です

 

ひとって、自分の好きなことをしていると、夢中で、疲れも忘れるってありますよね

感謝です