あい青子のどんな時も「幸せを感じる」あれこれ

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれるアレコレのヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

1991年のヒット曲は映画「ターミネーター2」の主題歌 You Could Be Mine (Guns N' Roses) / 好きだったデザイナーは誰ですか?

f:id:AIaoko:20200724074037j:image

幸せな気持ちになる

と、ひとことで言っても、ゆったりと幸せ、ワクワク幸せ、ドキドキ幸せ、いろんな幸せ感がありますよね

 

今回の「幸せな気持ち」は、ドキドキするような疾走感です

 

「ガンズ&ローゼズ」と「ターミネーター」?

映画「ターミネーター」は、面白かったですよね

自分の中では、「ターミネーター」と「エイリアン」は、シリーズでよかった映画です

シュワちゃんと、シガニー・ウィーバー、カッコいいです

かわいこちゃんからマッチョに変身したリンダ・ハミルトンもカッコいいです

 

一方のロック、

MTVの登場、プロモーションビデオの登場で、すっかり虜になったのは

ガンズ&ローゼズ の「 Sweet Child O' Mine (1987) 」でした

メンバーもカッコいいけれど、ビデオに登場するガールフレンドたちがまた、可愛かったり美人だったり、動画の時代にピッタリでした

 

その大好きな映画ターミネーターと、大好きなロックのガンゼンローゼズがコラボレーション?!

「ターミネーター2」は、意外な組み合わせでしたよね

 

我が家の子供にとって、私のロック好きは、

「まあ、いいんじゃないの?」的な

時々は、あきらめ感も漂う感じなのですが、

 

テレビ「天才てれびくん」のヴァン・ヘイレンの「Jump」

 

www.aiaoko.com

 

映画「20世紀少年」のTレックスの「20th century boy」

 

www.aiaoko.com

 

映画「ターミネーター」のガンズ&ローゼズの「You Could Be Mine」

 

映画「アルマゲドン」のエアロスミスの「I don't want to miss a thing」

 

このへんは、「ママの曲だ!!!」で、いっきに尊敬を集めましたね  笑

ありがたいことです

エアロスミスは、親子3人でコンサートにも行けましたし、映画とのコラボさまさまです

 

コンサート会場って、思ってた以上に、親子っぽい組み合わせが多くて癒されました

そうそう、大好きなイエスのコンサートも、子どもがつきあってくれました

クイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」も、まわりは母娘さんの組み合わせが多かったです

世代を超えた本物!ですね

 

www.aiaoko.com

 

 

ファッションの大好きだったデザイナーやブランド

mcSister、anan  と、「大好きだったファッション」の雑誌を思い出し、

 

www.aiaoko.com

 

パティ・ボイド、くればやし美子さん、甲田益也子さんという、「大好きだったモデルさん」のことも思い出したので、

 

www.aiaoko.com

 

 

今回は、大好きだった「憧れのデザイナー」の話です

アンアンが好き!というと、もうすでに、良家のお嬢さん路線からは外れてしまいそうですね

 

ずばり憧れは、山本耀司さん、川久保玲さんでした

髪をソバージュにして、真黒な服で歩く、年上のお姉さまたちを憧憬のまなざしで見ていました

でも、どの服もお値段が高すぎて手が届かない

もし、手が届いても、私には全く似合わなかったことと思います 笑

 

人としては、フランスで活躍する素敵な島田順子さんに憧れていました

デザインは、ご本人が着ると1番素敵!!!

体形や雰囲気にぴったり!

 

フランス人のボーイフレンドと娘さんとで、海辺をバイクに乗っている写真?が今も記憶に残っています

シミなど気にせず、海と太陽を愛するライフスタイルが、

わたしにとっては憧れなんです

これは、それぞれのひとの好みですね

 

今でいうファミリーセール?でしょうか、

Y'sのマキシのスカート(黒とグリーンの細かいチェックでした)をやっと、手に入れた時の喜び!のことも、忘れられません

似合おうが、似合うまいが、欲しかったし、嬉しかった

若かったし、純粋でした

 

カッコいいなあと、ページをめくったananの写真の数々は、それはそれは素敵でした

 

みなさんは、

どんなデザイナーがお好きでしたか???

どんなブランドの服に憧れていましたか??? 

 

ありがとうございます

考えてみれば、自分が両親とコンサートや演劇などに一緒に行ったという記憶がありません

こどもの時の映画くらいでしょうか

 

我が家の認知症のばあちゃん、実は有名俳優さんのお爺様と懇意でした

その俳優さんが、まだ売れていなかった頃、お爺様に頼まれて何度もお孫さん(現有名俳優さん)の演劇を観に行ってました

その頃、私は海外住まいだったので母と一緒に演劇を観に行くチャンスを失いましたね

認知症対策にもとてもいい話題になっていたはず

ちょっと、いろんな意味で残念です 笑

 

人のつながりって、おもしろいですよね

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

今日も、いい一日になりますように♪