あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

ローリング・ストーンズのギタリスト ミック・テイラーのギターをチャーリー・ワッツが語る & 脱退理由は?現在のRolling Stonesへの貢献

f:id:AIaoko:20231016093410j:image

ミック・テイラーとローリング・ストーンズの現在

ミック・テイラーが好きです

彼のギターがあってこその現在までのローリング・ストーンズの道だったとすら思っています

こんな記事がありました

www.udiscovermusic.jp

ミック・テイラーは『Let It Bleed』『Sticky Fingers』『Exile On Main St.』などの名盤やライヴでストーンズの黄金期を築いたメンバーであることは間違いない。また、彼は『Goats Head Soup』や1974年の『It’s Only Rock ‘n’ Roll』にも参加していたが、その後、脱退することになる。

本当に残念です

でも、

ミック・テイラーの性格や好みからいって、必要なことだったのだとも理解しています

ミック・テイラーの脱退理由は?本人が語る

コチラでしたね

npn.co.jp

僕が他のメンバーが全員嫌いだとか、大ゲンカをしたとか、絶対にそういうコトではないよ。それよりも個人的な理由さ」とコメントした。

音楽的に目指すところが全く違ったのかもしれませんね

でも、

大モメしなかったからこそ、のちの「参加」につながったのだと思います

そこがとても嬉しいです

故チャーリー・ワッツが語ったミック・テイラー

泣けます

チャーリーありがとう!

「ミック・テイラーをバンドに迎えたのはいい選択だったよ。彼はバンドを猛烈に向上させてくれたからね。当時、彼自身は気づいていなかったかもしれないが、本当によくやってくれたんだ。ミックとキースから受け取った素晴らしい曲の数々を彼は演奏してくれた。素晴らしい時期だったよ。俺達にとって、最も音楽的な期間だったんだ。それは、ミック・テイラーの演奏のおかげだったと私は思う。彼は叙情的なギタリストだったよ」

最大級の賛辞ですよね

それをバンドを後ろから支える、全てを見ていた男が語るんですから

泣けてきます

ローリング・ストーンズが「ロックの殿堂」入りした時、

ミック・テイラーもチャーリーとビルへの感謝を語りました

www.aiaoko.com

人間関係って重要ですよね

ミックとキースの作る「いい曲」を素晴らしいものに変えた魔法のギター

ミック・テイラーの功績はもっともっと評価されていいと個人的には思っています

ミック・テイラーもロックの殿堂入り

ローリングストーンズのメンバーとともにロックの殿堂入りした記事はコチラでしたね

www.aiaoko.com

本当に真面目でシャイなひとなんだなあと思います

ありがとうございます

どのアーティストの曲もそうですが、

メロディと歌詞が全く同じでも

編曲、アレンジが変わると、全く別物になりますよね?

例えば、私の世代の思い出の曲、久保田早紀の「 異邦人」

あの異国情緒漂う素晴らしいアレンジと

もともとの久保田早紀さんの素直なフォーク的な「白い朝」

全く別物ですよね

それぞれにいい、それぞれの作品

アレンジするひとには、そういう魔法がつかえる

そして、ローリング・ストーンズにとっては、ミック・テイラーというとんでもない「魔法使い」がいた時期があった

その「魔法のかかった曲」を何十年経っても、演奏し、聴ける幸せ

そういうものがありますよね

今回、

チャーリーありがとう!ってあらためて思いました

みなさまも、ミック・テイラーはお好きですか?

今日もいい一日をお過ごしくださいね

金木犀があちらのお宅にも、コチラのお庭にも

なんていい香りなんだ~~~

いい季節ですよね

暑くもなく寒くもなく

せっせと歩きます

カラダにもいいし

頭もすっきりするし

こころ爽やか!

しかも散歩のお供の人との楽しい会話のひととき

こういうのが「しあわせ」っていうものですよね♪