あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

病気と健康とファッション

f:id:AIaoko:20220728124830j:image

病気

あっちもこっちも体がおかしくなってみて、

気がつきました

しんどいよ

やはり、

「できる限りの健康維持」って大切ですね

人と比べてではなく、

自分の中での話です

健康のためには「運動」が大切だというのに、

その「運動」すら、ドクターストップされる悲しさ。。。

運動が苦手で、運動が嫌いな私すら、これはつらいよと、気がつきました

健康が無理な時の「ファッション」

そして、

どうしようもない病気、怪我、障がいの時には、

なんといってもファッションです

暗い気持ち

悲しい気持ちを

明るく盛り上げてくれる「元気なファッション」には、感謝です

「ボロは着てても心は錦♪」という昔の歌もありました

「馬子にも衣装」という言葉もありますね

ファッションというのは、何もお金をかけることではないと思っています

裸では生きていけませんから、

同じ「着る」なら、色、形、素材が自分に「似合うもの」に変えるだけで、

あら不思議

なんだか心も軽く、嬉しくなるよという単純な「魔法」がファッションです

毎日、違う服をとっかえひっかえ

そんな話ではないんですよ

毎日同じ服でも、それが「自分に似合っている服」「好きな服」なら、なんだかご機嫌がよくなるよというのが、

ファッションの魔法ですよね

^_^

病気で痩せる太る

病気のせいで、こんなに痩せ衰えてしまった。。。

そんな時も、その自分に似合う服はあります

そもそも、ヨーロッパの国々が大反対して規制をかけた通り、

ファッションモデルたちは、病的に痩せている人ばかりだった歴史もあります

その人たちが、もしも美しく見えると言うならば、

病気で哀しい自分も、美しく、カッコよく見える「服」があるということですよね

逆もまた真なり

怪我や病気などで太りすぎてしまった時も、ファッションは優しく心を守ってくれます

似合う服がある幸せ

ファッションは魔法

私たちは、心の魔法使いになれるんですよね

^_^

今日の1曲

自分にとっての「名盤」 

自分にとっての「捨て曲なしのアルバム」

【「名盤」or「捨て曲なしのアルバム」】10アーティストから無理ムリ選んでみた - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

みなさまは、どんなアルバムが思い浮かびますか?

ありがとうございます

母は50代までは下半身ぽちゃさんでしたが、

60代から90代まで次第にガリガリにまで痩せていきました

その点、父は90代半ばでもガッチリしています

^_^

時に車椅子を押すと重い重いw

お盆ですが、父にはもっともっと長生きしてほしいと思います

ばあちゃん、じいちゃんの「お迎え」はもっと後でいいからね

^_^

みなさまは、そこそこ健康でいらっしゃいますか?

悩みがあるときに、ファッションも「お助け」になると感じますか?

今日もいい1日をお過ごしくださいね