あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

ビートルズ!笑顔の「ザ・ビートルズ ゲット・バック」からの映像!ピーター・ジャクソン監督ありがとう!「The Beatles :Get Back」

朝から、

とてもとても嬉しかったのでご報告!です

(追記は、一番最後です)

 

朝起きて、一番に読ませていただいた記事にびっくり!   

いつも楽しみにしているhanami (id:hanami1294)さんからのニュース♪です

 

みんなを幸せにする人達とその音楽 - hanami1294のブログ

ビートルズの新しい映画「ゲット・バック」の映像の公開???

知らなかったよ~~~

ありがとうございます!!!

 

ということで、

我が家の認知症のばあちゃんと、90代のじいちゃんの「朝ごはん」を、う~んと遅らせて、映像、見ちゃいましたよ

 

 

 

いやいや、

泣いて、笑って、

もうだめだ~~~~

 

ビートルズの公式YouTubeで観たので、英語バージョンでした

でも、ニュージーでコロナに負けずに制作を続けてるって、

感動した!!!

製作スタッフだって、大変な中、作ってくれているんだよね

 

うんうん、

待ちますよ、出来上がるまで、楽しみに、待たせていただきますよ~~~~

 

そして、

メンバーの、家族の、スタッフの

大量の笑顔に、涙腺崩壊だよ~~~~

 

でね、

ばあちゃんのお着換え、トイレ、朝ごはんを終わらせて、

夫の話を小耳にはさみつつ、

こころは、また、ビートルズの映像へ!!!

 

そしたらね、

今度は、いつも読ませていただいているsmoky (id:beatle001)さんが、ニュースを書かれていました!

 

ピーター・ジャクソン監督『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』の特別映像が公開!(追記あり) - かぶとむし日記

張り付けていただいてるのは、「日本語字幕付きの映像」でした~~~

ありがたや~~~

 

日本語だとね、

映像の細かいところにも、目が行くんですよね

 

リンゴの当時の奥さんのモーリンが、もう、ノリノリだよね♪

 

ヨーコとポールの奥さんのリンダが、話してるよね♪

 

ポールが、リンダの子どもヘザー?を肩車してるよね♪

 

そして、笑顔のかずかず

若いビートルズのメンバーが、ふざけあう姿

笑いあう姿

ジョンも、ポールも、ジョージも、リンゴも、

幸せそうな笑顔!炸裂なんですよね~~~~

 

これだよ!これ!!!

ビートルズのファンが見たかったのは、この姿だったんですよね♪

 

笑いました

微笑みました

涙が出ました

 

ありがとう~~~~、ピーター・ジャクソン監督!!!

 

ビートルズが、いろいろな問題をかかえて、解散に向かっていたのは事実でも、

 

ほら、そこは人間だもの、

 

一日中、いがみ合っているわけではないし、

24時間、苦い顔をしているはずもない

 

若いんだから、

じゃれあって、ふざけあって、笑いあって、

 

メンバーも、家族も、スタッフさんたちも、

なんだか、楽しそうなんですよね~~

 

www.youtube.com

 

このビデオは、

世界中のビートルズファンを狂喜!させますよね

笑顔にしてくれますよね

お宝映像ですよね

 

 

興奮のままに、速報でした 笑

 

もう一度、

 

おしえてくださったhanamiさん、

日本語バージョンを見せてくださったsmokyさん、

素晴らしい映像をみせてくれたピータージャクソン監督、

そして、

朝ごはんの時間を、我慢してくれた我が家のじいちゃん、ばあちゃん、パパちゃんに、

 

ありがとう~~~~と伝えたいと思います

 

みなさんも、

いろいろな方に、教えてあげてくださいね

(泣いちゃうよ♪)

 

それでは、

お忙しい中、おじゃましました。

 

追記

今回の新しい映画のもととなるフィルムは、とても長いもので、

そのうちの一部を編集したのが、

"Let It Be (1970 film)" でした

私自身は、ビートルズのファンになったのが解散直後だったので、

当時、デパート???で行われた「フィルム・コンサート」で、このフィルムを観ました

 

それはそれは、ショックでした

ジョージが、ポールにやり込められているシーンが忘れられません

 

英語版のウィキペディアを現在の地点で読むと、

ポールとジョンは、このフィルムに関して好意的だけれど、

ジョージは嫌いだ(彼が幸せではなかった時期を見せているフィルムなので)

というような記述がありました

 

それにしても、

このフィルムは、公式的には1980年代でビデオ、DVDともに、売られることがなくなり、現在に至るようですね

 

私も、小学生の身分で「家出」してまで見に行ったあの日から、

ちゃんとした80分の「映像」を大画面で観たことはないと記憶しています

 

今回の新しい映画「ゲットバック」とともに、「"Let It Be (1970 film)"」も日の目を見ることがあるのでしょうか

 

同じ長いフィルムをもとにしていても、切り口の違うふたつの映像

両方を、観られたらなあとファンとしては思いますよね

 

でも、

今回のサプライズ!な笑顔満載の映像は、

うれしいうれしいクリスマスプレゼント♪になりますね

 

 

 

 

今日もいい一日をおすごしくださいね