あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

【ロックの殿堂とは】「殿堂入りの資格」と「オハイオ州クリーブランドにあるロックのミュージアム(博物館)」と「歴代のリスト」

f:id:AIaoko:20220508133125j:image

ロックの殿堂って何?

まずは、ロックの殿堂の公式サイトから

www.rockhall.com

2022年の「ロックの殿堂入り」メンバーも発表されています

場所

アメリカ、オハイオ州のクリーブランドにあります

博物館とはいえ、

ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴといった大都市にあるわけではなく、

オハイオ州の第2の都市クリーブランドにあります

ちなみに、オハイオ州の州都はコロンバスで、私はここで友人とコンサートに行った思い出もありますが、コロンバスですら全米でいうと人口は第14位という都市です

ましてや、クリーブランドですよね

そんな、クリーブランドにある「ロックの殿堂」に、わざわざ出かけるというところがミソです

クリーブランドにとっては、いわゆる町おこしになった「ロックの殿堂」なのかもしれませんね

歴史

1986年に初めての殿堂入りが始まる

1995年、ミュージアム開館

「ロックの殿堂」の歴史は、ロックの歴史に比べて浅いため、

当初は、大御所の殿堂入りが続きました

私自身は、「老いても認知症になろうとも決して忘れることはないロック」として、

殿堂入りのスタートは、1988年のビートルズから追いかけています

そこから、2022年までの歴代の「ロックの殿堂」入りしたスターたちの中で、

私が「大好きだったアーティスト」について、

ずっと書き続けてきました

宜しければ、コチラもお読みくださいね

みなさんの大好きだったアーティストと重なる部分はありますか?

www.aiaoko.com

殿堂入りの資格

ここが、最も気になるところですよね

wikiより

アーティストは「最初のレコードがリリースされてから25年後」に殿堂入りを受ける資格を有する。選定基準には、ロックンロールの発展と永続に対するアーティストの貢献度(その影響や重要性)などが含まれる。認定投票が用いられ、最低50%の承認を条件として過半票を獲得した候補者が殿堂入りとなる。毎年約5-7人のパフォーマーが殿堂入りとなっている

「最初のレコードが発表されてから25年後」以上が条件というのは、メイクセンスです

その時々の「流行りの音」というものがあり、みな、その流れで聴いています

けれど、その「流行」が終わったあとにも、多くの人たちが「いい!」と思うものだけが「ロックの殿堂」に残っていく

時の試練ですよね

歴代の「ロックの殿堂入り」リスト

ということで、2022年までの歴代の「ロックの殿堂入り」アーティストの一覧です

www.aiaoko.com

それぞれのアーティストへの思い入れは、その人その人で違ってきますよね

みなさまの「推し」は「殿堂入り」されていますでしょうか

ありがとうございます

ミイラが見たくてロンドンの大英博物館に行きました

絵画が大好きなので、ヨーロッパでも、アメリカでも、子供が生まれるまでは旅の目的のひとつは美術館でした

ファッションが好きなので、服飾の特別展があると行きたいです

小さな博物館や美術館、そこにあるお庭や、カフェ、そういうものも大好きです

それと同列で、

「ロックの殿堂」というミュージアムも存在しています

大好きなロックの歴史がつまっている場所

批判はいろいろあるけれど、これからも、「漏れの少ないコレクション」を目指して、続けていくことと思います

ロックという、ひとつのアートの博物館として、充実していくことは素晴らしいことだと思います

今の時代、その博物館に行くことなく、作品(アーティスト)をネットで堪能できるというのも幸せだなあと思います

みなさんも、

美術館や博物館はお好きですか?

どんなところが、お気に入りですか?

ロックの殿堂にも、ご興味はありますか?

今日もいい1日をお過ごしくださいね