あい青子のどんな時も「幸せを感じる」方法24

認知症、障害、癌といろいろあっても「幸せな気持ち」になれたヒント集です。少しでもお役に立てたなら嬉しいです

骨格診断でスタイルアップして幸せを感じる?

f:id:AIaoko:20200413204652j:image

コロナ疲れ、

大人も、子どもも、お年寄りも、

みんな皆、大変ですよね

 

でも、悪い話、暗い予想、悲惨な未来の話をしても、何も変わるわけではないですよね

それぞれが、自分のするべき仕事をして、自分の毎日の生活を維持して、なんとかかんとか、心が病気にならないようにしなくては

 

そんな、心をちょっとだけ喜ばせるヒントに、衣替えと服の手離しを利用したシンプルライフ入門です

手持ちの衣服を、似合う服と好きな服にぐっとしぼるテクニックは、いかがですか?

 

前回の、顔の雰囲気もそうですが、

持って生まれたものに、自分の体型!もありますね

 

首の長さや、肩幅、胸とウエストやヒップの位置や、腰骨の大小、手足の長さなど、

どんなにダイエットや運動をしても、変わらない自分の体型ってあります

 

我が家のばあちゃん、若い時は上半身華奢、下半身ポチャの人でした

似合わない服はプリーツスカートです!天敵のように嫌っていましたよ

90歳を過ぎて、今は骨と皮みたいにスリムです

今なら似合うかも?と、プリーツスカートのプレゼントがきました

流行していますしね

いやいや!どんなに痩せても、腰骨の張った体型にプリーツ スカートは上手くはいきませんでした

本人も、これはヒドイ!と残念ながら着てくれませんでした  

おそるべし、女は90歳を過ぎても女でございます  似合う服が幸せなんですね

 

太っている時でも、痩せている時でも変わらない、その人ならではの自分体型

これを知ると、自分がスタイルよく見える秘密のワザを、たくさん身につけることができますよ

今回の診断は、骨格診断です

 

ストレート、ウェイブ、ナチュラル、の3体型

前々回の似合う色、前回の似合う雰囲気、と比べると、骨格診断はちょっと難しいですね

プロの診断士さんでも、誤診が多そうです

 

でも、よく理解して、そのワザを使うと、とんでもなくスタイルがよく見えるのも、この骨格診断ならではの良さです

 

ファッションって、目の錯覚!の利用です

無理して痩せ過ぎたりせずに、体にいいものを食べて、気持ちのいい運動をして、そのままの自分の体型!で素敵に見えるのが一番

骨格診断で、ちょっとした魔法を使って、スタイルアップできたら嬉しいですよね

 

というわけで、本格的な骨格診断は、プロ中のプロにみてもらいたいと思います

長年、自分の体型を知り尽くしている自分自身より、短時間で、上をいくアドバイスができるのは、本当に優れた診断士さんだけですね

ネット上のビフォーアフターをみると、数は少ないですが、魔法の使える診断士さんはいらっしゃいますよね

 

そんな方に、いつかは骨格診断をしてもらいたいなあと妄想しながら、

どうやったら首の短さをカバーできるかとか、

貧弱な上半身を盛りたいとか、

張った腰と太ももをカバーしたいとか、

足の短いのをカバーしたいとか、

いろいろ自分で工夫してみることは、ファッションの醍醐味です

自分の体型の特徴は、本人が一番知っていることでもあります

 

外に出ると、つい他の人と比べがち

あの人素敵だなあ!と思うと、自分には似会わないのに、その方向へ引きずられていきませんか?

流行の服も、同じですね

流行っていると、自分には似合わなくても、皆と同じものを買っていませんか?

 

でも、家にいれば、面と向かうのは自分だけです

思う存分、自分のよさ!を出してみましょう

失敗しても家なら大丈夫!

どうしたら、少しでもスタイルアップできるか、毎日の普段着で練習です

チャンス到来ですよ

 

手持ちの服を総動員して、ああでもない、こうでもないと工夫してみるのも

いい運動、いいストレス発散になります

 

ネット上にあふれる骨格診断のあれこれ

まずは、自分はコレ!と決めつけないで、それぞれのタイプへのアドバイスを自分の服で実証してみませんか?

案外、思っていたタイプとは全く違ったタイプのアドバイスが、ドンピシャで、自分をスタイルよく見せてくれるかもしれませんよ

 

コロナと緊急事態宣言

今、自分ができることは、もちろんします

でも、何もできない無力感と、不安とストレスに押しつぶされそうな時もありませんか?

 

そんな時は、自分を元気づける服!

どんな服が自分を幸せな気持ちにしてくれるのかを知ることは、将来の服の無駄遣い防止!にも役立ちますね

 

さあ、今回は、家で自分で骨格診断!に挑戦してみませんか???

気分転換と、運動不足の解消にぴったりですね