あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

「帽子」とロジャー・テイラー【I'm Looking Through You】「ビートルズのアルバム「ラバーソウル」の「君はいずこへ」

f:id:AIaoko:20210620182308j:image

帽子ひとつで、ただのマキシのズドーンとしたワンピースが変身しますよね

帽子も魔法だし、そこに加えて差し色(今回は赤)もマジックです

そんなインパクトのある帽子、クイーンのドラマー、ロジャー・テイラーが

よくかぶってましたよね?

可愛かったですよね、ロジャー

女子中学生は夢中でした

今は、いろんな動画が見られる幸せ

ロジャーって語り口がマイルドなんですよね

こんなスターは見たことがない^_^

Roger Taylor~Interview 1976 - YouTube

そんな「その人にとってのアイドルが認知症予防に効果があるのではないか?」という記事も、赤い帽子の写真とともに

よろしかったら、読んでいただけると嬉しいです

https://www.aiaoko.com/entry/queen_idle

ビートルズのアルバム「ラバーソウル」の「君はいずこへ」

君はいずこへ」(I'm Looking Through You

https://m.youtube.com/watch?v=gH6i9JAdJrQ

この曲も歌詞や意味つきで聴くと、ポールのジェーン・アッシャーへの思いが伝わってくるような気がします

恋って、ふたり同時に好きになって、ふたり同時に冷めていくわけではないので、その時間差が切ないですよね

軽快なメロディに乗せて、どうして君は変わってしまったの?という問いかけが続きます

それでも、このジェーンとの婚約が解消になってから、アメリカ人カメラマンのリンダと結婚、公私ともにいつも一緒になりましたよね

いろいろあるのが人生ですね

【Maybe I’m Amazed 】ポール・マッカートニーPaul McCartney の「 恋することのもどかしさ」で認知症の予防と対策を - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

↑何度も繰り返し聴きたくなる曲です

苦しい時期のポールが、自分にとって救いであるリンダのことを歌います

↓こちらはライブですね

ウィングスなので、リンダと一緒です

'Maybe I'm Amazed' (from 'Rockshow') - Paul McCartney And Wings - YouTube

ジミー・マカロックのギターが美しくて、彼について調べてみたら

26歳という若さで、ヘロインの過剰摂取で亡くなられていました

痛ましいです

残念です

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃん

かなり弱ってきて、(日中は横になどならない人でしたが)あまりにもしんどそうなので声をかけるとベッドで寝るようになってきました

顔もキツそうな表情で、何もしてあげられない父と私は、せつないです

窓の外の景色も、外の風も、効果がなく、もう「そんな時期」に入ってきたのかなあと悲しい気持ちでいたら

私のいない時に様子を見ていてくれた子供が「ばあちゃん、いつもどおりソファで本を読んでいたよ」というのでビックリ

 

いったりきたりでも「良い時」がある今の状態が長く続きますように

 

今日もいい一日をお過ごしくださいね