あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

【Ike & Tina Turner 】1991年ロックの殿堂入りはティナ・ターナー、2021年版「ロックの殿堂入り受賞者一覧とまとめ」

f:id:AIaoko:20210818090011j:image

アイク&ティナ・ターナー「プラウド・メアリー」

大好きな曲というのは、元気が出ますよね

聴いているだけで、なんだか幸せな気持ちになれます

【好きな音楽】(好きだった音楽)で幸せを感じる - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

今日は、1年前のティナ・ターナーの記事に、元気をもらおうと思います

晩春初秋のカラフル?歳をとっても派手でカッコいいティナ・ターナー!1991年「アイク&ティナ・ターナー」がロックの殿堂入り - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

何歳になっても、弾ける笑顔で、綺麗な脚

ティナ・ターナーは素敵です

1991年の「ロックの殿堂」入りはアイク&ティナ・ターナー(動画)

ティナターナーも80歳を超えているんですね

みんな、当たり前ですが,歳をとりますね

さあ、「動画」の貼り付けです

これです

Ike & Tina Turner - Proud Mary | 1971

Ike & Tina Turner - Proud Mary | 1971 - YouTube

CCRのカヴァーもいいですよね

Creedence Clearwater Revival - Proud Mary (Official Lyric Video) - YouTube

~2021年版まとめはコチラです

www.aiaoko.com

ありがとうございます

我が家の認知症のばあちゃん

紙パンツのなかでトイレをすませることができない人でした

入院中に看護師さんやお医者さんに、そうするように言われても、そうすることができず、導尿するしかない人でした

歯磨き、入れ歯磨きも、自分でしたい人でした

1日パジャマで過ごすのもいやで、着替えたい人でした

 

そんなばあちゃんにも、

トイレまでたどり着けない、父がいても、私がいても、車椅子を使っても、トイレまでたどりつけない日がきました

かといって、紙パンツの中にもできないので、

ポータブルトイレがベッドの横にやってきました

手が覚えていた、上下の入れ歯を上手に外したり、入れたりすることも出来ない日がやってきました

小さな粒のお薬さえ、ごくんと飲めない日がやってきました

ばあちゃんの病気は激痛があるので、お薬なしには拷問の日々のようなものになってしまいます

 

生きていること自体がシンドイ日

一日中、唸っていたりする日

 

そんななか

孫って、すごいですね

そんな日のなかでも、

私や父には見せることのできない笑顔を、孫には、見せてくれました

孫に言わせると

「早くあっちにいってね」と顔に書いてあるような、辛そうな顔だったけれど、

それでも、にっこりと笑顔をつくってくれたそうです

私と父のそばでは、ずっと唸っていましたから

それは、ばあちゃんの、孫たちへの愛ですね

ほんとうに、ありがとう

 

生まれてくるのも大変なことだし

死にゆくことも大変なことですね

誰もが通ってきて、誰もがとおらなければならない道

ばあちゃんに、その覚悟を教えてもらっているような気がします

 

今日も、この「生きている日」を大切に

いい1日をお過ごしくださいね