あい青子「音楽療法」「回想法」「手ばなし」で毎日幸せを感じる

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

更新が滞っても多分だいじょうぶです(メメント・モリの生き方)

f:id:AIaoko:20240608071536j:image

2024年6月家族との月

6月は

以前にも少し話をしましたが

私の大切な家族の一人一人と

個別に過ごす時間をつくろうとしています

家族の中心としての人生

母ちゃん業です

むかしの母ちゃんたちが皆そうであったかもしれないように

名もないお母さんとして

一生を終えます

アメリカ暮らしのころは

女性解放の気運が高まっていて

仕事をもたない「専業主婦」という立場は

とてもとても居心地が悪かったです

無能の烙印。。。

そうなのか???

でもね

障がいがあったり

病気のデパートだったりする子供たち

自分自身の癌との付き合い

のちには

両親の呼び寄せ介護と

大好きな夫との会話の時間も作ろうとすれば

目いっぱいな毎日でしたから

職業とか

趣味とか

正直、そんな余裕はなかったかもしれません

でもね

今があるじゃないか!

そう

難しくて治らない病気の余命だからこそ

こんな時間をいただけた!

万歳です

\(^^)/

家族みんなで突撃人生

夫はお気楽というか

あまり考えずに行動する人です

そのおかげで

7人家族全員が好きな「旅」に大小たくさん出かけることができました

いつもドタバタで

悲惨なこともいっぱいだった大家族の旅でしたが

思い出がいっぱいです

一人一人と話したい

そんなわけで

とても濃い家族です

運命共同体みたいな感じ?

誰かが困っていれば

誰かが助ける

そうしなければ成り立たなかったからです

ありがたいなあと思います

でも

考えると

一人一人と個別で過ごす時間って限られていました

ことに

障がいのある子の兄弟姉妹って

「我慢ちゃん」なんですよね

(T . T)

今しかない!

いっぱい我慢して

いっぱい努力してくれたことを

感謝して

その思いを伝えるのは

今しかない!

そう思っています

それと夫ですね

障がいもある子と私の二人三脚人生

そこへ

高齢で認知症の両親も加わりましたから

我が家の「長男」とも言われている夫は

かまってちゃん状態???

そりゃあ2人で話をもっとしたいです

もともとが夫婦というよりも

親友

恋人

愛人

同志

そんな関係です

よし!

6月は時間をつくるぞーーーーー

^_^

ありがとうございます

生活を整える

自分の意思で生活をコントロールするって

大切ですよね

そうしないと

時というものは

ただただ流れていきます

映画「パーフェクトデイズ」を観て

私自身の毎日の生活は

ものすごく変わりました

  • 必要な物事
  • 大好きなものごと
  • 私にとって最も大切な人たち(家族!)

そこに特化して

それ以外のことは

まあ、そんなもんでしょ

まあ、いいんじゃない?と

受け流せるようになりました

コンプレックスは常になくならないので

涙が出ることもありますけれど

基本!

私はわたし!

「私は

自分に必要なことと

自分が大好きなことと

自分の大切な人たちのために

毎日を生きるのだーーー」

というスタンスが出来上がりました

幸せだなあと思います

すべてのことに感謝です

対談その4.ヴィム・ヴェンダース監督?!(映画「パーフェクトデイズ」) - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

メメント・モリ

メメント・モリですよね

「死を意識することで今を大切に生きることができる」

誰でも生きている以上

その先には必ず死がある

それならば

生きている今を大切にしなくてどうする???

後悔のないように

死を意識することで毎日を充実させよう!

みなさまも

死を意識することで変わられたことがおありですか?

子供が赤ちゃんだったころに

海外で癌になってしまった経験が

私の人生の「転機」になりました

生きている今日という日は「当たり前」なんかじゃない

ちゃんと生きなくちゃ!

自分の、自分だけの人生を生きなくちゃ!

^_^!

メメント・モリ

考えたことがありますか?

今日もいい一日をお過ごしくださいね