あい青子「音楽療法」「回想法」「手ばなし」で毎日幸せを感じる

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

ポール・マッカートニーの2025年ツアーの予定は?日本公演は?

f:id:AIaoko:20240613050826j:image

ポール・マッカートニーのライブ2023年2024年2025年

2024年のポールのライブ

来日公演への熱い希望はコチラでしたよね

www.aiaoko.com

ポール自身が撮ったビートルズの仲間たちの写真を見られるのも

ものすごく楽しみです

いよいよ来月ですよね↑

でも

本音の本音は

ポールの来日公演を待っています

2024年のこれからのツアー予定が出されました

コチラですね

www.paulmccartney.com

なんと、また南米です!

10月の1日から27日までのツアー

うらやましいですよね

すごいなあ、ポール!

中南米のツアーが多いポール・マッカートニー

不思議なのはポールの出身地イギリスを含むヨーロッパでの公演が少ないことです

比べると

北米が多いのは当然のことながら

中南米も多い!

なぜかなあと想像すると

観客の熱さ?!

熱狂的な盛り上がり?!

いろんなアーティストたちのライブ映像を観ても

中南米のステージと場内の一丸となった熱さって

違いますよね

日本人の私たちにも美点はあって

ちゃんと聴く

おしゃべりなどせずに聴く

ブーイングもしない

拍手の時間にだけ感情を炸裂!

これはこれでアーティストたちにとっても

嬉しいことだってあると思うんですよ

聴きもしないでお喋りとか

ブーイングはおろか物をステージになげつけてくるとか

嫌ですよね

^^;

一方で

熱狂の嵐!というものを体験したら

もうやめられない

というのも分かるなあ

自分たちの演奏も変わるよなあ

その辺が、中南米のライブが多い理由なのかもしれませんね

ヨーロッパは日本と似ていて「お利口さん」なのかな???

2025年のポール・マッカートニーのライブ、ツアーの予定は?!

ということで

北米

中南米

オーストラリア

ときて

数の少なかったヨーロッパ公演が2025年はあるのかな???

その次は

アジアかな???

日本公演も来てくれるかな???

期待と妄想がふくらみますよね

6月18日が誕生日(82歳!)のポールには健康でいてほしい

まずは健康!ですよね

健康な体、心、頭があってこその

ライブ活動ですよね

6月18日でポールも82歳!

2025年は83歳!

健康こそが鍵ですよね

ベジタリアンのポールたち

高齢なのにバリバリ元気なアーティストたちに学ぶことも多いです

コチラでしたね

www.aiaoko.com

野菜中心だけれど

タンパク質はたっぷり!

筋肉維持!

そして

運動を続ける、体を動かす毎日

そこらへんですよね

ありがとうございます

わたし自身は60代に入るやいなや

変な難しい病気で余命状態になってしまった「健康劣等生」なので

健康について語る資格すらありませんが

(⌒-⌒; )

だからこそ

心と頭と身体の健康は大切だよーーーーと

失ったからこそ語れるものもあります

みなさまも

ポールやリンゴたちのような「元気な高齢者」を目指しますか?

ポールの来日公演に参加できるように健康を維持できそうですか?

我が家の100歳に到達するか?!の爺ちゃんも

癌とともに毎日バリバリ野菜を食べて

足元こそヨタヨタですが

まあ元気いっぱいです

父を見送るまでは私も死んでられないのだーー

^_^

みなさまも

今日もいい1日をお過ごしくださいね