あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

毎日「幸せな気持ち」になれる「音楽回想法」や「服の手放し」や「脳科学」のヒントです 認知症、障害、うつ、癌、介護といろいろあっても大丈夫♪ 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

2023.03.27.カーペンターズのリチャード・カーペンター大阪公演!セットリストは?認知症の方たちにも優しくしてくださいね

f:id:AIaoko:20230306160941j:image

カーペンターズ2023.03.27.リチャード・カーペンター大阪公演、今日5時と8時開演

リチャードさんは、カーペンターズのカレンさんのお兄さんですね

日本にも来てくださっているんですね

今日は大阪

今まさに、1回目のステージが始まるところでしょうか

来日公演セットリストは?(個人的な希望と妄想です)

私が聴きたい曲の数々です

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

www.aiaoko.com

10

www.aiaoko.com

11

www.aiaoko.com

もちろん!ほかにも沢山の素晴らしい曲の数々がありますよね

それぞれの方に、それぞれの「名曲」と「思い出の曲」があるのがカーペンターズですよね

www.aiaoko.com

このブログを始めたばかりの頃にもカーペンターズの名曲の想い出を書いていました

www.aiaoko.com

今やっと、曲に歌詞の意味などを含めて聴けるようにできて、

本当に嬉しいです

時間がなくて自分で訳することが出来ないもので、

YouTubeに曲とともに「和訳」「英語の歌詞」を載せている方々のものを貼り付けさせていただいています

感謝です

壊れた記憶の話(前回からの続きです)

和訳 カーペンターズ 「青春の輝き」I Need to Be in Loveの歌詞の意味 私は生まれた時から「認知症もどき」だから対処法のヒントがあります♪ - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

この話は、生まれた時から「認知症もどき」だった私からのお願いです

聴いていただけると嬉しいです

母が2度泣いた(その母が「認知症」になりました)

1番、母本人にとってキツかった時期は、認知症が進行するまでの、葛藤の時期でした

  • できていたことができない
  • 覚えていたことが覚えられない
  • 知っているはずの道なのに迷って迷子になる
  • 今そこにあるもの、ないものの意味がわからない

これは、苦しいですよね

「私の頭はどうなってしまったのかしら」

母は泣きました

それは哀しい光景でした

大丈夫!お母さんも私と同じように生きていけるよ!

母は賢い人でした

大好きな母でした

その人の「頭のなかが壊れていく」感覚

それは、本人にとって「恐怖」以外の何ものでもなかったはずです

いつも、なにかを探している母

ゴソゴソと不安そうに探している母

大丈夫だよーーおかあさーーん!

大声で言ってあげたかったし、

実際、いつも言っていました

私は壊れた脳、壊れた記憶の「先輩」なんです

その不安、その恐怖は、

先輩だから、いっぱい知っています

でもね、お母さん、

  • 私もなんとか生きてきたよーー
  • 楽しく嬉しく生きてきたよーー
  • だからお母さんも大丈夫ーー

メモをとりながら、ひとに訊きながら、

これからも楽しく嬉しく生きていけるよ!

そうして、母は父とともに、わたしのもとにやってきました

3世代家族6人での暮らしの始まりでした

それ以前に、母の住んでいた家には母が自分で描いた「怖い火の絵」がガスコンロの前に貼られ、

あっちにもこっちにもメモだらけでした

どれだけ不安だったことでしょう

「水道の水が出しっぱなし」など、父に叱られていたけれど、そんなことでは人は死なないよ

^_^

認知症のひとを責めないでくださいね

誰だって好きこのんでそんな「病気」になるわけではありません

癌だったら、ほかの病気だったら責められないのに、認知症なら責められるの???

認知症は、記憶が壊れる「病気」なんです

「どうして、できないの?!」

「何度言ったらわかるの?!」

そんな言葉には意味がありません

そういう「病気」になったから、

  • できなくなったし
  • 覚えつづけられないし
  • そういう状態なんです

「人格否定」をしないでくださいね

親子関係

でも、

もしかしたら、自分が子供の頃にお母さんに「人格否定のようなこと?」をされてきたケースもあるかもしれませんよね

これは辛いですよね

カーペンターズのカレンさんの拒食症についても、お母様との親子関係のことをいろいろな記事を読んだことがあります

そのお母さんが認知症になる

これはキツイですよね

半分お返しのような気持ち?になっても無理はないのかもしれませんよね

けれどね、

病気は病気です

  • ちゃんとして!
  • 忘れないで!
  • 何度言ったらわかるの?!

そう言われても、その言葉自体をすぐに忘れてしまいます

無意味なこととなってしまいます

感情だけが残る

そして肝心なのは、

「感情だけはあとに残る」ということです

酷いことを言われたら「哀しい」

優しいことをしてもらったら「嬉しい」

そんな感情は(すぐに出来事を忘れてしまっても)その後ずっと残ります

嬉しい気持ちで過ごさせてあげたいですよね

そのほうが、介護する側だってきっとラクだし嬉しいはず(ここが1番のポイント!ですね)

そんな

嬉しかったことには「嬉しい感情」が残るという

「嬉しい輪」をつなげていきたいです

死ぬのかもしれない病い

私は「変な病気」になってしまいました

治すことは今のところできない病いです

あとどれくらい生きられるのかなあ?

疑問でいっぱいですがドクターだって分かりません

今日死んでもおかしくないし、もっと長いかもしれないし

でもそれは、生きてる人は皆同じ!ですよね?

^_^

せっかくの命

せっかくの人生なんですから、

毎日、笑顔で、

毎日、声を出して笑って、

喜ばなくちゃ損、ソン!ですよね?

^_^

ありがとうございます

もしも、お年寄りのかたや、認知症の方が身近にいらっしゃったなら、

優しい声をかけて差し上げてくださいね

きっと優しい表情で穏やかになられますよ

優しさには優しさが返ってきます

笑顔には笑顔が返ってきます

嬉しいですよね

記憶が壊れていても、私の人生は私のもので、

本当に幸せでした

だから、

認知症の方たちみなさんにも、

いろんな方法で幸せをあきらめてほしくないです

「毎日幸せな気持ちで暮らせますよ」

壊れた脳の私と

認知症になってしまった母(ばあちゃん)との暮らしの経験で断言します

「みんな、これからも幸せな気持ちで暮らせるよーーーー」

いつも話が長いですね

おつきあいくださることに感謝です

みなさまも、今日も笑顔で、

いい一日をお過ごしくださいね

カーペンターズにありがとう!

想い出があふれるカーペンターズの曲の数々

聴くと、ありがとうという感謝の気持ちが溢れます

いい曲は思い出であるばかりでなく、

ずっとずっと心にしみる曲でもありますね

みなさまは、リチャード・カーペンターさんの来日公演に行かれますか?

来日公演!Carpentersカーペンターズの現在(カレンさんとリチャード・カーペンターさん兄妹だった)今日から日本でライブ!チケットは? - あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

77歳になって娘さん2人を連れて来日してくれるリチャードさん、

とても素敵ですね

報告が楽しみです♪

今日も笑顔で、いい一日をお過ごしくださいね