あい青子「大好きだった曲」と「手離し服」で幸せを感じる「認知症の予防と介護」

認知症、障害、癌、介護といろいろあっても「幸せな気持ち」になれる「音楽」や「ファッション」や「脳科学」のヒントです 自分自身と家族のために書いていますが、一緒に楽しんでいただけたら、とてもとても嬉しいです

フレディ・マーキュリーとは?生涯の友メアリー・オースティンの結婚と子供、ジム・ハットン、死因エイズ、家族と遺産と語られなかった謎

f:id:AIaoko:20231229161342j:image

フレディ・マーキュリーは深い謎の人

フレディ・マーキュリーの圧倒的な歌声

幅の広い音楽性

ステージでの観客との一体感

そういう姿をみているから、フレディ・マーキュリーのことは知っているような気持ちになるけれど、

よくよく考えると、フレディ・マーキュリーは

ついに謎の人のまま、逝ってしまったのだなと感じます

生まれたときの名前

ファルーク・バルサラというペルシア語の名前

フレディ・マーキュリーと改姓したのも本人の希望でしたよね

現在のタンザニアにあるザンジバル島生まれ

イギリスの保護国だったというザンジバル

そこで生まれたのがファルーク・バルサラだったのですね

インド育ち

両親がインド生まれのパールーシー(ゾロアスター教徒)であったことで、その後インドの現在のムンバイで育ったファルーク・バルサラ少年

インド育ちだということは、あまり語りたくない話題だったと読みました

ザンジバルに戻るも革命が起こり、イギリスに移住

複雑ですよね

こういう場合のアイデンティティは「自分は何者なのか?」という

自身でもわからない謎になることが少なくないと思います

60年間で30以上の家に住んできた私自身も、

アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、日本と

異文化の中で暮らしてきた子供たちも、

自分は何ものなのかという謎への答えが見つからないままのような気がします

クイーンのフレディ・マーキュリーへ

ここからが、

私の見ていたフレディ・マーキュリーです

中学1年生のときに雑誌ミュージック・ライフの写真で知った「少女漫画から飛び出してきたきたようなスタイルのボーカリスト」でした

ありえない可愛らしさのドラマーのロジャーとともに、

女子中学生が夢中になる「アイドル性」をももつ実力派でした

日本での爆発的人気

コチラでしたよね

www.aiaoko.com

ここから、有名なクイーンの進撃が始まりました

クイーンの中でも、フレディ・マーキュリーはずっと日本を大切にしてくれた人

今年の紅白歌合戦にクイーンが出るというのも、

フレディ・マーキュリーとのご縁もあってのことですよね

www.aiaoko.com

メアリー・オースティンという「心の友」の結婚と子供たち

元々は恋人であり、

のちに別れ、

彼女は別の人と結婚して子供も2人もうけました

そして、

フレディ・マーキュリーの死後、莫大な遺産を相続したのは、両親や妹でもなく、

その地点でのパートナーだったジム・ハットンでもなく、

メアリー・オースティンその人だったのですよね

その上、

フレディ・マーキュリーの遺骨がどこにあるのかを知る人もメアリー・オースティンだけ

彼女とフレディ・マーキュリーとの間にある「他の人たちには想像もできない何か」を感じます

理解者という言葉だけでは足りない何かですよね

フレディ・マーキュリーの死因はエイズだった

あまりに痩せ衰え、誰もが推察する病気でしたよね

でも、本人は死の前日までそれを語らなかった

語りたくなかった

そこを尊重したのも、クイーンのメンバーたちでしたよね

同性愛者であっても両性愛者であっても、それを語らなかった

どちらであっても、

フレディ本人はそれを語らなかったのですよね

歌詞の中に「カミングアウト」とも読めるものがあっても

www.aiaoko.com

それは、

聴く側の想像でしかなく、

フレディ自身が何を感じ、

何を思ったのかは、謎のままです

ブライアン・メイも、フレディが語らなかったことについては分からないと明言していますよね

新作ドキュメンタリーで語られるものは?

コチラの映画でしたよね

www.aiaoko.com

本人は語らずして逝ってしまいました

のこされた者たちが、思い出すフレディのこと

どんな映画なのか、もうすぐですね

ありがとうございます

とても複雑で、

抱えているものが、たくさんありすぎて、

本人すら、もてあましていたのかもしれません

そういう中から生まれたのが、クイーンの名曲の数々なのかもしれませんね

作詞作曲の能力、

歌唱力、

パフォーマンス力と、

秀でているものが沢山あって、そこに隠れてしまいがちだけれど、

フレディ・マーキュリーというひとの中には、

もっともっと私たちの知らない複雑な内面性があることは間違いないですよね

そんなことを思いながら聴くクイーンの曲

聴く側の私たちが、それぞれの「自分」に寄せて自由に解釈できる「深さと幅広さ」がありますよね

フレディ・マーキュリーのどんなところに惹かれましたか?

若くして逝ってしまったフレディ

彼の思い出とともにやって来る今のクイーン

もうすぐです

今日もいい一日をお過ごしくださいね